U22日本代表、ブラジルに追いつきながらもPK戦負けで初優勝逃す

第47回トゥーロン国際大会 2019 決勝 ブラジル戦ハイライト

U22日本代表、ブラジルに追いつきながらもPK戦負けで初優勝逃す

2019.6.16

シェアする

15日、トゥーロン国際大会の決勝が行われ、U-22日本代表がU-22ブラジル代表と対戦。前半から個と組織に優れるブラジルが日本を圧倒し、前半19分に先制するが、日本は前半終了間際に小川航基のゴールで同点に追いつく。後半に入ると日本がペースを取り戻し、ブラジルを完封。1対1の引き分けで90分を終え、PK戦に突入した。5人全員が成功したブラジルに対し、5人目の旗手怜央のキックが止められた日本。優勝は叶わず、準優勝で大会を終えた…

関連動画