【川崎】多摩川クラシコの快勝を支えた守備陣。際立った“速くて強い”ジェジエウのカバーリング能力

【川崎】多摩川クラシコの快勝を支えた守備陣。際立った“速くて強い”ジェジエウのカバーリング能力

2020.7.10 ・ Jリーグ

シェアする

[J1リーグ3節]FC東京0-4川崎/7月8日/味の素スタジアム


 川崎自慢の攻撃陣がしっかり仕事を果たし、FC東京を4-0で下した7月8日の多摩川クラシコ。注目は前線にいきがちだが、チーム全体の守備意識は高く、球際で身体を張り、攻守の切り替えを非常に素早く行なった点も勝因に挙げられる。


 その中でGKチョン・ソンリョンを中心とした守備陣は固さを見せ、CB谷口彰悟や左SB登里享平らもFC東京の攻撃にキッチリ対応。そしてこの日も高い身体能力を見せ、スケールの大きなプレーを示したのが、谷口とCBを組んだブラジル人助っ人ジェジエウだ。


 今季、例年よりも最終ラインを高く設定している川崎にとって、GKの守備範囲の拡大とともに、CBには背後のスペースの高いカバーリング能力が求められる。


  この仕事を自慢のスピードとフィジカルを活かして遂行するのがジェジエウだ。例えばFC東京戦の49分の場面。相手エースのディエゴ・オリヴェイラとスピード勝負になったシーンも、決して走り負けず、身体をぶつけあい、ボールをカットしてみせた。


 それ以外にも背後のボールに快足を飛ばして追い付き、ダイナミックなスライディングでクリアするなど、スケールの大きなプレーを披露。粗削りな面もあるが、観戦者に与えるインパクトはリーグ随一と言えるだろう。昨季もスタジアムを何度もどよめかせ、評価を日ごとに高めてきた。


 次戦は中2日で迎える7月11日のホーム、柏戦。5000人を上限に観客を入れてのゲームとなり、再び多くの人に衝撃を与えそうだ。楽しみなのはこちらもスピード、フィジカルを高いレベルで備えたケニア出身の柏FWオルンガとのマッチアップ。ぶつかり合う音が聞こえるような、激しい攻防に期待したい。


取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事