【浦和レッズの最新序列】槙野がキャリアにおける正念場か。前線は興梠&レオナルドを最優先に構成

【浦和レッズの最新序列】槙野がキャリアにおける正念場か。前線は興梠&レオナルドを最優先に構成

2020.7.11 ・ Jリーグ

シェアする

 2月の開幕から、コロナ禍での約4か月の中断期間を経てJ1リーグも7月4日から再開された。“第2の開幕”とも言える、第2節、3節の2試合を終え、チーム内でも変化が生じている。スタメン争いの構図や今後の台頭が予想される若手などを踏まえ、浦和レッズの最新チーム内序列を紹介していく。


――◆――◆――


【FW】

 得点力を重視すれば興梠慎三とレオナルドのコンビが最優先だが、献身性と高さのある杉本健勇も重宝している。また、武藤雄樹は交代出場の切り札になり得る存在のため、この4人が基本的には多くの試合に出場するだろう。


 一方で、キャンプでは柏木陽介を2トップの一角に据えるパターンもテストしていただけに、まだ公式戦では披露されていないが今後そのパターンで起用される可能性はある。武冨孝介は負傷から復帰して合流して間もなく、まずはコンディションの向上から。伊藤涼太郎はさらなるアピールが必要な段階だ。


【MF】

 中断明けもスタメン出場を続けている柴戸海は、大槻毅監督のサッカーにおけるキーマンになりつつある。柴戸を軸に、互角以上に渡り合えると判断できる試合では柏木、相手ボールの時間が長いと判断すれば青木拓矢を組ませるのがパターンになりそうだ。一方で、エヴェルトンの起用法は現時点で見えてこない。阿部勇樹は出場した時には高いパフォーマンスを発揮するだけに心配はないだろう。


 サイドでは関根貴大、汰木康也、マルティノスがウイング系のアタッカーで、長澤和輝はバランスの取れた存在。ファブリシオは3人目のストライカーになれる存在という期待がある。そして、武田英寿のキック精度はチーム内でトップクラスであり、どこかでチャンスはあるはず。基本的にほとんどの試合で交代枠を使って4人出場することになりそうだ。

 【DF】

 中断明けでトーマス・デンが一気に存在感を高めてセンターバックのファーストチョイスになりつつある。もとより、最終ラインを高く保ちたいという意向でスタートしたシーズンだけに、彼の持つスピードは魅力だ。岩波拓也と鈴木大輔がそのパートナーの位置を争う。また、橋岡大樹はセンターバック、デンは右サイドバックに入ってトレーニングをすることもある。苦しいのは槙野智章とマウリシオの2人。槙野はリード時にサイドバックに投入するパターンが2月にあったが、中断明けはベンチ外。キャリアで見ても正念場だ。


 サイドバックでは橋岡と山中亮輔が核となり、左右をできる宇賀神友弥がどちらのサイドでも2番手といった様相。岩武克弥と荻原拓也は何か違った特徴をアピールしたい。



【GK】

 ハイパフォーマンスを続けている西川周作が軸になるのは間違いのないところ。2月はトレーニング中に少し負傷があった福島春樹がベンチを外れ、2種登録の鈴木彩艶がベンチ入りした。しかし、基本的には西川を軸に福島がベンチ入り。若手2人はトレーニングで先輩たちから技術を学んでいくという構図になりそうだ。鈴木彩はユースチームの試合にも出場する資格を持つため、社会情勢により不透明な部分はあるものの、そこで試合経験を積むというのが今季予定されていたプランでもある。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事