【ルヴァンカップ・採点&寸評】鹿島2-3川崎|HTの交代で川崎の攻撃陣が活性化!MOMは絶大な影響力を発揮したプレーメーカー

【ルヴァンカップ・採点&寸評】鹿島2-3川崎|HTの交代で川崎の攻撃陣が活性化!MOMは絶大な影響力を発揮したプレーメーカー

2020.8.6 ・ Jリーグ

シェアする

[ルヴァンカップ第2節]鹿島2-3川崎/8月5日/カシマ


【チーム採点・寸評】

鹿島 5

ゲームの入り方、最後の追い上げなど見せ場もあったが、勝たなければならない試合で後半立ち上がりに試合を決められてしまった。


【採点・寸評】

GK

21 曽ケ端準 4.5

ミスとまでは言えないが、3失点とも防げる場面があった。41歳になってGK最年長出場記録も達成しただけに、チームを助けるセーブを見せたかった。


DF

22 広瀬陸斗 5.5(70分OUT)

前半立ち上がりは高い位置を取ろうと懸命に走った。1失点目は対峙している三笘を捕まえきれずシュートを決められる。


39 犬飼智也 5.5

空中戦は強さを見せたが、失点の場面ではやや対応に遅れが。チームスタイルを考えると攻撃時や組み立てにも貢献が欲しい。

 28 町田浩樹 5

失点の場面でボールウォッチャーになってしまった。ボール回しも狙われるなど苦しい場面が多かった。


14 永戸勝也 5.5

時折鋭いクロスを供給するも、もう少しサイドを深くまで侵入したい。周囲との連係にも課題を残した。


MF

4 レオ・シルバ 5.5(63分OUT)

老練さも見せていたが、守備に攻撃に負担が大きかった。もう少し回りのサポートがあればと言う場面が多かった。


20 三竿健斗 6

レオ・シルバとのコンビはさすがと思わせるところも多かった。3点リードされてからは相手ゴール前まで上がり、チームを鼓舞するなど勝利への気持ちを見せた。

 11 和泉竜司 5(63分OUT)

内に入りすぎ、周囲と連動する場面が見せられなかった。守備には懸命に戻っていたが消えている時間が多かった。


25 遠藤 康 5.5(63分OUT)

ポジションを流動的に動き回った。前半にはシュートチャンスを作るなど一定の効果はあったものの、相手に対応され始めると消える時間が増えた。


FW

8 土居聖真 5.5

ボールを繋ごうという意識は感じられたが、やや淡泊な攻撃に終始してしまった。終盤にはヘディングから得点機へと繋げた。


9 エヴェラウド 5.5(63分OUT)

パスコースを限定するなど気の利いたプレスも行うなど前半立ち上がりは孤軍奮闘。しかし決定機も作れずガス欠で途中交代となった。

 交代出場

MF

26 荒木遼太郎 6(63分IN)

オープンな展開で少しボールを持ち過ぎているところはあったが、チーム2点目を呼び込むドリブルなど今後にも期待が持てる部分は多かった。


MF

41 白崎凌兵 5.5(63分IN)

周囲との連係は良かったが大きな見せ場を作るには至らず。


MF

6 永木亮太 6(63分IN)

チーム1点目を呼び込むミドルシュートなど気の利いたプレーを披露し、反撃ムードを作った。


FW

15 伊藤 翔 6(63分IN)

ラッキーな部分もあったが、途中出場から2得点。交代カードとして十分な働きを見せた。


MF

37 小泉 慶 ―(70分IN)

気持ちも見せたがイエローカードももらってしまった。出場時間が短いため採点はなし。


監督

ザーゴ 4.5

思い切った4枚交代で1点差にまで詰め寄ったのは確かだが、運や選手の個人技によるところが大きい。むしろ川崎ベンチに先手を取られ勝負を決められてしまった感が強い。


※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。

※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。

※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

 【チーム採点・寸評】

川崎 6.5

アンラッキーな形だったとはいえ、2失点は頂けない。ゲームの終わらせ方には課題を残したものの、キャプテンの谷口を温存し、抜擢した大卒ルーキー2人もゴールで期待に応えるなど、失点するまでは王者の貫禄を見せ、実りも多い試合となった。


【採点・寸評】

GK

27 丹野研太 6

終盤の攻め込まれた時間帯も冷静に対処。2失点はしたものの、それ以外はそつなく守った。


DF

13 山根視来 6

旗手との連係には課題を残したものの、守備では自身のサイドに安定をもたらした。


4 ジェジエウ 5.5

2失点はどちらも伊藤を捕まえきれていなかった。相手の対応に後手を踏んでいたが、失点時に責任があったとまでは言い切れない。

 34 山村和也 6

コーチングや絶妙なポジショニングで守備陣を引き締めた。終盤にカウンターの場面で駆け上がるなど、谷口の不在を感じさせないプレーぶり。


7 車屋紳太郎 6

終盤のオープンな展開で攻め上がる場面もあり、豊富な運動量でいたるところに顔を出した。


MF

6 守田英正 6.5

1点目に繋がるパスを展開した。守備でも攻撃でもチームの潤滑油として活躍した。


22 下田北斗 5.5(HT OUT)

攻撃時には相手のボランチコンビに対応され、守備では自由に動く遠藤を捕まえきれず。あまり見せ場もなく交代となった。


8 脇坂泰斗 5.5(60分OUT)

小気味よくパスを繋ぎ、時折仕掛ける場面もあり悪くはなかったものの、もっと直接的に得点シーンに絡んでいきたかった。

 FW

30 旗手怜央 6.5(90+1分OUT)

フリーの場面も多かったが前半はなかなかボールに絡めなかった。しかし1点目に繋がるシュートを放ち、待望の初ゴールを決めるなど結果を残し、最多タイの4本のシュートを放った。


18 三笘 薫 6.5(67分OUT)

苦しんだ前半最後に得点を決め、3点目はアウトサイドで見事なアシスト。消えている時間があったとはいえ、上々のアピールとなった。


9 レアンドロ・ダミアン 5.5(HT OUT)

前半立ち上がりの苦しい時間には左サイドに流れ起点を作るなどゲームを動かそうと注力した。空中戦でも果敢に戦ったが、シュートは0本。

 交代出場

MAN OF THE MATCH

MF

10 大島僚太 7(HT IN)

影響力は絶大だった。出場2分で自らゴールを決めると、その後も幾度となくチャンスを作り出し、3点目の起点にもなった。的確な読みで守備にも貢献し、文句なしのMOM。


FW

11 小林 悠 6.5(HT IN)

何度かあった得点機を決めていれば間違いなく主役となったが、投入後に若い両翼がいきいきとするなど攻撃陣を活性化した。


MF

25 田中 碧 6(60分IN)

後がなくなった相手の猛攻を防ぐため主に守備で奮闘。クリアボールを繋ぎカウンターを発動する場面もあった。


FW

20 宮代大聖 6(67分IN)

3本のシュートを放つなど積極性は見せた。序列を上げていくためには決めきりたい。


MF

41 家長昭博 -(90+1分IN)

猛攻に晒されているなか、時間を区切る意味での交代。出場時間が短く採点はなし。


監督

鬼木 達 6.5

展開を読み切り、先手を打ってハーフタイムに小林と大島を投入した判断はさすが。終盤の2失点で課題が残ったものの、チームにとってはそれすらプラスだったのではと感じさせる充実ぶりだ。若手を積極起用し経験を積ませ、結果までついてきた。


※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。

※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。

※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。


取材・文●渡邊裕樹(サッカーダイジェストWeb編集)



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事