【鹿島】「絶対に優勝しなきゃいけない」選手会長に就任した広瀬陸斗の決意

【鹿島】「絶対に優勝しなきゃいけない」選手会長に就任した広瀬陸斗の決意

2021.1.21 ・ Jリーグ

シェアする

 クラブ創設30周年を迎える今季、選手会長を務めるのは広瀬陸斗だ。


 前任者の犬飼智也から「陸斗、選手会長ね」と指名され、「俺で大丈夫ですか?」と確認すると、「拒否権はないから決定で」と返答され、「分かりました」と受諾した。


 クラブのメモリアルイヤーに要職につく。「俺でいいのかな」と思いつつも、拝命したからには責務を果たしたいと願う。


「みんなからなんでも言ってもらえるような存在でありたいし、チームが優勝に向けて、日々良い環境というか、良いコミュニケーションをとって、チームを優勝させたい」


 小泉慶や常本佳吾との右SBのレギュラー争いでも、重視するのは“優勝”の二文字だ。


「ライバルではありますけど、誰を使うかは監督が決めること。自分が思ったことを伝えたり、こうしたほうがいいんじゃないかっていうのも言いながら、チームが優勝できるような方向にもっていけたらと思います」


 オフ期間はしっかりと身体を休めて、チームの始動前には、プロになって初めて自主練を実施。現在のコンディションは良好だという。プレー面の課題では「守備の部分」を挙げ、「1対1の局面で勝てるように努力したい」と意気込む。

  とにかく、今季はこれまで以上にタイトルにこだわる。


「毎年そうですけど、優勝は義務。それが今年は30周年ということで、チーム全体でかけるものがあるし、絶対に優勝しなきゃいけない」


 ピッチ内外でいかにチームを束ねて、タイトルへと導けるか。そのリーダーシップに期待したい。


構成●サッカーダイジェスト編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事