【ACL採点&寸評】メルボルン1-3広島|GS5連勝に貢献したアタッカーを最高評価! 3得点は不振のリーグ戦に向けた好材料に

【ACL採点&寸評】メルボルン1-3広島|GS5連勝に貢献したアタッカーを最高評価! 3得点は不振のリーグ戦に向けた好材料に

2019.5.23 ・ Jリーグ

シェアする

[ACLグループステージ6節]メルボルン1-3広島/5月22日(水)/レクタンギュラースタジアム

 

【チーム採点・寸評】

広島 6.5

セットプレーから先制点を奪取したのはACL3試合連続。直接FKを決められて先行逃げ切りの勝ちパターンは崩れたが、失点の直後に見事な反発力を見せた。


 

【広島|採点・寸評】

GK

1 林 卓人 6

今季初の公式戦とは思えない落ち着きぶり。FKから1失点したが、多くのピンチを冷静に防いだ。

 

DF

4 水本裕貴 6

楽しみにしていた本田との対戦は見応えあった。今季はACLのみの出場になっているが、出場した試合では結果を残している。

 

13 井林 章 6

危なっかしい対応もあったがペナルティエリア内では相手に自由を与えず、後半は落ち着いて対処した。

 

23 荒木隼人 6

スペースを突くコスタと引いて起点にもなるトイボネンのコンビに少々手を焼いたが要所は締めた。

 MF

7 野津田岳人 6

うまく攻撃に絡めずボールロストも多かった。2点目の場面はうまくつないだが、アピールならず。

 

MAN OF THE MATCH

14 森島 司 7(81分OUT)

ACL3試合連続でCKからアシスト。後半にも1得点・1アシストをマークして全得点に絡む活躍を見せた。

 

15 稲垣 祥 6

中央に入ってくる本田を落ち着いてケア。思い切りよく攻撃に出る場面もあり、しっかり仕事を全う。

 

17 松本泰志 6.5(76分OUT)

CKを合わせてうれしいプロ初得点をゲット。守備の時間が多くなった中でも我慢強くファイトした。

 MF

25 松本大弥 6

右ワイドで出場。不慣れなところもあったが、守備の穴を開けず、決定的なチャンスを迎えた場面も。

 

27 清水航平 6(78分OUT)

キチンとポジションを埋めてボールを落ち着かせながら攻撃チャンスを探る。とても落ち着いていた。

 

FW

22 皆川佑介 6.5

身体を張ってバトル。得点シーンはしっかりとインパクトして逆サイドに流し込み、今季初得点を奪取した。

 交代出場

MF

5 吉野恭平 -(76分IN)

2点リードした直後に出場。相手は最後まで攻撃を仕掛けてきたが、危ない場面は作らせなかった。

 

DF

50 高橋壮也 -(78分IN)

今季初出場。気持ちが空回ったか、トラップミスで好機をフイにした場面もあったが、その後はすぐに切り替えた。

 

MF

42 土肥航大 -(81分IN)

広島ユースの主将がプロデビュー。時間は長くなかったが、ピッチに立ってすぐシュートを放ってみせた。

 

監督

城福 浩 6.5

グループステージは5連勝で締めくくる。3得点を挙げて得点力不足に悩むリーグ戦に向けた好材料も手にした。

 

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。

※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。

※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事