【J1ベストイレブン】別格の存在感!久々の先発で結果を出したイニエスタをMVPに!清水の大卒ルーキーも|15節

【J1ベストイレブン】別格の存在感!久々の先発で結果を出したイニエスタをMVPに!清水の大卒ルーキーも|15節

2019.6.19 ・ Jリーグ

シェアする

 J1リーグは、6月14日・15日に各地で第15節の9試合が行なわれた。ここでは今節の試合からサッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介する。


 トルステン・フィンク新監督の初陣となった神戸で6試合ぶりのスタメン出場を果たした世界的名手が、いきなり別格の存在感を放った。


 開始早々に、繊細なタッチから高精度のスルーパスで好機を演出したアンドレス・イニエスタは、その後も随所に質の高いプレーを披露。49分には、クロスに見せかけた右足の鋭いニアへのシュートで、貴重な先制点を決めた。久々の先発でいきなり結果を出し、新監督の期待に応えたイニエスタを今節のMVPとした。

 

 さらに神戸からは西大伍も選出。足もとの技術を活かしたドリブル突破など、個の能力を発揮して勝利に貢献した。

  アウェーでの連敗記録を7でストップした仙台からは、永戸勝也とシマオ・マテをピックアップ。前者は効果的なクロスを何度も供給し、後者は圧巻の対人の強さで松本の攻撃陣に自由を与えなかった。


 また、鳥栖に逆転勝利した浦和からは、試合終了間際の劇的なゴールでチームを勝利に導いた興梠慎三。C大阪を相手に快勝を収めた鹿島からは、勝利を決定づける鮮烈なミドルを決めた白崎凌兵。最下位を脱出した清水からは、自身プロ初得点となる勝ち越し弾を決め、勝利の立役者となった大卒ルーキーの西澤健太を選んだ。


 そのほか、PK獲得とアシストを記録した広島の森島司。試合を通して好機を演出した川崎の守田英正。最後の砦として何度も危険な場面を救ったG大阪の三浦弦太。GKには、PKセーブなど幾多の決定機を阻止した札幌のク・ソンユンを選出した。

 【今節のベストイレブン】

GK

25 ク・ソンユン(札幌) 7 ●初選出

PKセーブを筆頭に獅子奮迅の活躍を見せる。失点場面だけは悔やまれるが、幾多の決定機を阻止し続ける抜群の存在感。昨年に喫した7失点のリベンジを果たす。

 

DF

22 西 大伍(神戸) 6.5 ●初選出

決して慌てず、確かなスキルで味方にボールを供給。77分にボールをチョンと浮かしてふたりを抜いた技術は文句なしだった。

 

23 シマオ・マテ(仙台) 7 ●初選出

対人の強さは圧巻。松本のレアンドロ・ペレイラにことごとく競り勝ち、相手に起点を作らせなかった。

 

5 三浦弦太(G大阪) 6.5 ●2回目

最後の砦として、身体を張ってゴールを死守。何度も危ない場面を救ってみせた。78分の山田大記を止めたプレーは秀逸だった。

 

2 永戸勝也(仙台) 7 ●初選出

守備では対面を難なく封じ込め、攻撃に転じれば正確無比なクロスを何度も供給。決勝点も自身のクロスから生まれた。

 MF

6 守田英正(川崎) 6.5 ●初選出

中盤の底から丁寧な配給を続け、前後半ともに決定機を演出。自らも顔を出すなど攻撃参加のタイミングも的確だった。

 

THIS WEEK MVP

8 アンドレス・イニエスタ(神戸) 7 ●2回目

何気ないプレーに質の高さを感じた。6分、9分のスルーパス、21分のクロスは素晴らしく、試合を通して別格の存在感を発揮。49分の先制弾も見事で、6試合ぶりの先発で結果を出すあたりはさすがのひと言。

 

16 西澤健太(清水) 7 ●初選出

ペナルティエリアまで戻って守備をこなせば、推進力のあるドリブルで違いを作った。そして90+1分にはエウシーニョのパスから値千金の決勝弾でこの日のヒーローに。

 

41 白崎凌兵(鹿島) 7 ●初選出

一つひとつのプレークオリティが高かった。勝利を決定づける鮮烈なミドルを突き刺す。

 

14 森島 司(広島) 6.5 ●2回目

自信をもってボールを受けて、柏好文といい関係を築いて攻めた。PKを獲得してアシストもマークした。

 

FW

30 興梠慎三(浦和) 7 ●2回目

ラストチャンスで確実にネットを揺らして、チームに劇的な勝利をもたらす。迫力を欠いていた後半途中までの低評価を一気に覆した。

 

※選手名の左の数字はクラブでの背番号。右は今節の採点。

採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。

●は今シーズンのベストイレブン選出回数。

 

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事