「見苦しいかもしれないけど」2試合連続ベンチ外の中村俊輔は今、何を思う?

「見苦しいかもしれないけど」2試合連続ベンチ外の中村俊輔は今、何を思う?

2019.10.21 ・ Jリーグ

シェアする

 もう、1か月近く、実戦から遠ざかっている。


 最後にピッチに立ったのは、9月15日のJ2リーグ32節・大宮戦。0-0のスコアレスドローに終わったこの試合に先発フル出場した横浜FCの中村俊輔は、その後の3試合(33節から35節)はベンチ入りも出場なし、続く36節・金沢戦、直近の37節・京都戦では、ついに試合登録18人のメンバーからも外れた。


 今夏にJ1のジュビロ磐田から横浜FCに新天地を求めた。移籍当初は少なからず出場機会を得ていたが、それでも当時から「すでにチームはでき上がっているから」と、俊輔はシーズン途中の移籍の難しさについて言及していた。


 現状は、レギュラーを奪うどころか、メンバー入りさえ厳しい状況だ。コンディションに問題があるわけではない。シンプルにチーム内の競争で勝てていない。


 横浜FCで俊輔に与えられている役割は、こだわりのあるトップ下ではなく、ボランチ。攻撃だけでなく、守備のタスクも重視されるポジションで、まずはチーム戦術をしっかりと体現したうえで、自分の“色”――より創造的なプレー――を表現しようと試行錯誤している。


 実戦から遠ざかれば、感覚も鈍化していく。そうならないよう、トラップにしろ、単純なパスにしろ、俊輔は実際の試合をイメージしながら、一つひとつのプレーを丁寧にこなしていく。いつ出番が来てもいいように、準備を怠らない。熾烈な昇格レースに挑むチームで、どんな貢献ができるか。メンバー入りのためにどうアピールするか。


 常に思考を巡らせて、トレーニングに励む日々。思うように試合に絡めず、苦しい時間が続いているが、京都戦翌日の練習後、俊輔は「面白いよ」と笑顔を見せる。


 投げやりになっているわけではない。ベンチにも入れない現実から目を背けず、今の中村俊輔がどうなっていくか、自らの難局をどう乗り切るかを、自分自身が期待しているのだろう。モチベーションは、むしろ高いと言ってもいい。


 当然ながら、試合に出られない現状に甘んじているわけではない。2試合連続メンバー外になっていることについては、「めちゃくちゃ悔しい」と正直な想いを吐き出す。


 試合に出られなければ、悔しいし、なにくそ、という気持ちになる。41歳になっても、ある意味、若い頃のように気力がみなぎってくる。「だから、大丈夫だよ」と、俊輔は静かに言う。


 ベテランと呼ばれる年齢になっても、変に余裕ぶらない。がむしゃらに、ポジションを奪い返そうとしている。


 そんな自分が周りからどう見られているのか、俊輔も十分承知している。かつてチャンピオンズリーグの舞台でも活躍した元日本代表の10番が、今はJ2のクラブでベンチ外の立場で、必死にもがいている。


「ちょっと“イタイ”っていうかね、見苦しいかもしれないけど」


 だが、俊輔は世間体を気にしたり、体裁を取り繕うようにカッコつけたりはしない。過去には、J1にいるうちに引退したらどうか、と勧められたこともあったというが、俊輔は耳を貸さなかった。


 引き際は自分で決める。なんのために、ここまで現役を続けてきたのか。理想とするフットボーラー像がある。自分にしかできないプレーがある。“ファンタジスタ”としての意地やプライドがある。納得する形でなければ、幕を下ろすつもりはない。このままベンチ外で終わるわけにはいかない。


「41歳になっても、こうやってサッカーをやらせてもらっているんだから」


 なによりも、感謝の気持ちがある。周囲の期待に応えるためにも、自分が信じるプレーで再び、輝きを放つためにも。ブレない心で、俊輔は走り続ける。


取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事