「Jリーグは競争力が高い」「日本に来て本当に良かった」イニエスタ独占インタビュー(3)

「Jリーグは競争力が高い」「日本に来て本当に良かった」イニエスタ独占インタビュー(3)

2020.5.29 ・ Jリーグ

シェアする

 ヴィッセル神戸に所属するアンドレス・イニエスタが、ビデオ通話で『ワールドサッカーダイジェスト』(インタビュアーは下村正幸氏)の独占インタビューに答えた。4月14日に実施され、ワールドサッカーダイジェスト5月21日号に掲載された元スペイン代表MFのインタビューを、3回に分けて全文公開する(第3回目)


下村氏:Jリーグに来て、間もなく2年が経ちます。サッカーのレベルは想像していたものと違いましたか?


イニエスタ:ポジティブな意味で驚いたよ。Jリーグはとても競争力が高いリーグだ。選手のレベルも全体的に高いしね。試合に勝つのは、もちろんどこのリーグであっても難しい。でもJリーグは自分たちより下位のチームが相手でも、簡単には勝たせてもらえない。


 逆に自分たちより上位のチームが相手でも、勝つ可能性が十分にある。全体のレベルがとても拮抗しているんだ。それがJリーグの良いところだよね。プレーしていて、とても楽しいリーグだよ。


下村氏:Jリーグで対戦して、印象に残っている選手はいますか?


イニエスタ:名前を挙げるのは難しいな。さっきの質問と一緒さ(笑)。外国人を除いても、どのチームにも素晴らしい選手が揃っている。注目に値する日本人プレーヤーがね。僕に自由を与えないために、懸命にぶつかってくる選手も多いしね。全体的なレベルはとても高いよ。

 下村氏:SNSを拝見すると、日本国内の様々な場所を旅されているようですね。とくに印象に残っている場所はありますか?


イニエスタ:もちろん神戸はいろいろな場所を歩いた。それと、京都はとても気に入ったね。あとは奈良、東京、大阪にも行った。時間が許す限り、妻や子供たちと一緒に色々なところを訪ねるようにしている。僕たちにとって日本は未知の国だったから、どこにいっても楽しいし、驚きがあるんだ。


下村氏:スペインとはまったく異なる日本の生活を、とても気に入っているようですね。


イニエスタ:すごく気に入っているよ。日本に来た最初の日からね。誰もがとにかく親切で、愛情を持って接してくれる。日本に来ることを決断して、本当に良かったと思っているよ。


下村氏:いつかバルサに戻るとしたら、どんな役割がいいですか? 監督、フロント、育成コーチ、それとも会長?


イニエスタ:自分が望んでなれるわけでもないしね(笑)。いつの日かバルサに戻りたいとは思っているよ。重要なのは、まずはどういう役割か。そして、僕自身がその与えられたタスクに対して準備ができているかどうかだ。時間が解決してくれるよ。僕はとにかく今を楽しみたい。今日というこの日をね。そうやって生きていけば、自ずと道は開けてくるはずさ。下村氏:「楽しむ」というのは、あなたのモットーのひとつですよね。今日も何度もその言葉を口にしています。人生を、そしてサッカーを楽しむことが、あなたにとって重要なんですね。


イニエスタ:そうだね。「楽しむ」ということは、人生において最も大切なことだと思う。幸運にも僕は、自分が一番好きなフットボールを仕事にできている。それでさらに楽しむことができれば、最高の組み合わせだよね。


下村氏:スペインには、「フットボールは、世の中に不可欠なものではない中で、最も重要な存在だ」という有名な言葉があります。現在の苦しい状況下で、フットボールはどのような役割を果たすべきでしょうか?


イニエスタ:世界は今、とても難しい状況に直面している。スポーツだけではなく、社会全体が、そして多くの人たちが苦しんでいる。この困難な経験が、世界レベルで社会が成長するキッカケになればいいんだけどね。スポーツはもちろん、社会生活の重要なひとつだよね。これまでとは違った形で、社会に貢献していかなければいけないのは間違いないだろう。

 下村氏:おっしゃるように非常に厳しい状況下ですが、人々がこの経験をどのようにプラスに変えるかが、未来にとって重要になってきそうですね。


イニエスタ:そうだね。人間はどんなに厳しい状況に陥っても、そこから何らかのヒントを見つけることができるはずさ。最悪の状況の中でも、次に繋がる何かをね。今はそれぞれが日頃できなかったことを楽しみながら、日常が戻った時のために準備を進めていくべきなんじゃないかな。


下村氏:おっしゃる通りですね。最後に、日本の子どもたちにメッセージをいただけますか?


イニエスタ:まずは我慢強くあってほしい。それと、両親や家族と一緒にいる時間がいつもより長くなるだろうから、その時間を楽しんでほしい。そして自分のできる範囲で、学校の勉強を頑張ってほしいな。日常が戻ることを心待ちにしながらね。


 道路や公園で遊んだり、フットボールをしたりする日はいつかきっと戻ってくるよ。大人の言うことをよく聞いて、この経験を人として成長するためのキッカケにしてもらいたい。


インタビュー●下村正幸

協力●楽天

 


 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事