【柏|番記者コラム】大谷秀和が明神智和から受け継いだもの。それは背番号7だけではなく――

【柏|番記者コラム】大谷秀和が明神智和から受け継いだもの。それは背番号7だけではなく――

2020.5.29 ・ Jリーグ

シェアする

「俺に背番号7を譲ってもらえませんか?」


 2005年12月。柏からG大阪への移籍が決まった明神智和から連絡を受けた大谷秀和は、敬愛する偉大な先輩の番号を受け継ぐことを決意し、会話のなかでそう懇願した。新シーズンに新しい外国籍選手が来て、いきなり背番号7を付けるぐらいなら「自分が受け継ぐべきだ」と大谷は思ったという。


「分かった。じゃあ伝えておく」


 明神は大谷の希望をクラブに伝えた。


 それまで6シーズンに渡って明神が付けてきた背番号7は、06年から大谷が引き継ぐことになった。 明神と大谷は共通点が多い。前述の背番号7以外にも、ふたりとも柏のアカデミー出身でポジションはボランチ。そして明神が02年から05年までキャプテンを務めてきたように、大谷も08年からキャプテンの重責を担っている。


 96年のJ1開幕戦で、明神がクラブ史上初の高卒ルーキーでの開幕スタメンデビューを果たせば、03年のJ1開幕戦では、大谷が明神以来の7年ぶりとなる高卒ルーキーでの開幕スタメンデビューを果たした。


 ユース時代はトップ下など攻撃的なポジションを主戦場としていた大谷が、ボランチにコンバートされたのはトップチーム昇格時である。新たなポジションに挑戦する18歳の若者にとって、日本代表のボランチでもあり、同じ174センチと体格的にも近い明神は最高のお手本だった。


 手取り足取り指導を受けたわけではないが、明神がピッチ上で随所に見せるプレーを体感して学んだ。現在、大谷が中盤で披露する的確な予測、バランス感覚、ボールホルダーへのプレッシャーのかけ方といったプレーの数々は、戦術眼に優れた明神のプレースタイルの影響を色濃く受けているのだ。


「ミョウさん(明神)はボールを奪い取る能力も高いけど、相手の足下にあるボールをつつくことで味方につなげられれば、奪い切る必要はないということを学んだし、だからといって無闇にスライディングをすればいいというわけでもない。俺はユースでは守備をやってこなかったから、ミョウさんのプレーから学ぶものは多かった」(大谷) 08年、当時柏を指揮していた石﨑信弘監督の希望で、大谷は23歳の若さでキャプテンに就任した。


 大谷がかねてから抱いていたキャプテンのイメージは、ドゥンガ(元磐田)やホン・ミョンボ(元柏)に象徴される闘将タイプだったという。ただ、そのキャプテン像を覆したのは他でもない、明神だ。ドゥンガ、ホン・ミョンボが戦う姿勢を前面に出し、チームをグイグイと引っ張っていくのに対し、明神は周囲に気を遣いながら、チームを取りまとめていく行動で示すタイプのキャプテンだった。


 特に明神がキャプテンを務めていた頃は、柏は毎年のように残留争いを強いられ、決してチーム状況が良好ではなかった時期である。その振る舞いを見ていた大谷は、自分がキャプテンに就任してからも、明神から学び得たリーダーシップを参考にして、自分なりのキャプテン像を作り上げていった。


「ミョウさんが実践していた、いろいろな人の話を聞いて、その考えを調節しながらみんなが良い方向へ向くようにやるというのは、チームをまとめるうえでは大切なことなんだと思った」(大谷) 一昨年、大谷は40歳を超えても現役でプレーしている明神を「本当にすごい」と評し、「俺もまだまだ頑張ろうと励みになる」と言っていたことがある。


 大谷は現在35歳。数年前から「同じポジションで、自分より年齢が上でプレーしている人はいる。そういう上の人たちを見てやっていきたい」と言い、日頃のケアにはさらに入念さが増し、フィジカルコーチの意見を聞きながらフィジカル面も現状維持ではなく年齢を重ねても向上に努めるようになった。


 大谷の言う年上の選手とは、阿部勇樹(浦和)、遠藤保仁(G大阪)、中村憲剛(川崎)、そして昨年限りでユニフォームを脱いだが、41歳まで現役でプレーをした明神も当然のことながら含まれている。


 大谷は今年でプロキャリア18年目を迎えた。クラブ在籍歴代最長と同時に、公式戦559試合出場は柏のクラブ最多出場記録でもある。国内3大タイトル獲得も相まって、今や大谷を“ミスター・レイソル”と呼ぶことに異論を挟む者はいないだろう。


 そんなキャリアを歩んできた大谷のフットボーラーとしての成長過程に、明神は多大な影響を及ぼしたのだ。


取材・文●鈴木 潤(フリーライター)



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事