川島永嗣が振り返る2003年ワールドユース。ついに打ち破った韓国の壁と、厚すぎた南米の壁【U-20激闘譜】

川島永嗣が振り返る2003年ワールドユース。ついに打ち破った韓国の壁と、厚すぎた南米の壁【U-20激闘譜】

2020.7.5 ・ 日本代表

シェアする

 90年代以降、日本のユース世代は幾度となくアジアの壁を突破し、世界への挑戦権を手にしてきたが、そこにはこの年代ならではの課題や示唆に富むドラマが隠されている。長きにわたり、日本のU-20年代の取材を続けてきた識者が、ポイントとなった世代をピックアップし、キーマンにオンライン取材で直撃。当時のチームについて検証していく。2003年のUAEワールドユースのチームを取り上げる今回は、ストラスブールに所属する日本代表GKの川島永嗣に話を訊いた。(取材・文●元川悦子/フリーライター)


――◆――◆――


 99年ワールドユース(現U-20ワールドカップ)・ナイジェリア大会の準優勝という快挙で、「ユース年代のレベルの高さ」を世界に認めさせた日本。だが、続く2001年アルゼンチン大会ではグループリーグ敗退を喫し、再び大きな壁にぶつかった。次なる2003年UAE大会では出場権獲得はもちろんのこと、16強以上の結果を残さなければいけない……。この頃の日本サッカー界にはそんな機運が高まっていた。


 2001年に発足したチームの指揮を執ったのは、田嶋幸三監督(現日本サッカー協会会長)。彼は自身が率いた2001年U-17世界選手権(現U-17ワールドカップ)トリニダード・トバゴ大会での主力だった菊地直哉(鳥栖コーチ)、成岡翔(藤枝アンバサダー)、茂木弘人、阿部祐大朗ら84年生まれ組を引き上げると同時に、83年組の川島永嗣(ストラスブール)、今野泰幸(磐田)、坂田大輔(現代理人)らを抜擢。今野をキャプテンに据え、合宿を繰り返しながら、強化を進めていった。


「当時は2002年日韓ワールドカップ直前。(フィリップ・)トルシエ監督がA代表を率いていたので、フランス人のフィジカルコーチが僕らの合宿に来てトレーニングをしてくれたこともあったし、世界大会前にはブルキナファソ遠征も行きました。田嶋さんは『世界で戦える選手になれ』と口癖のように言っていて、前線からのハードワークや1対1の激しさを強く求めていた。日本が世界で勝とうと思うなら、その部分を強化しなければいけないという信念を持っていたんだと思います」と、発足時から招集されていた川島は述懐する。


 確かに2000年初頭は「世界基準」が声高に叫ばれていた時代。90年代後半に指導者ライセンス制度やトレセン改革を断行した田嶋監督はその重要性を誰よりも分かっていたから、若い世代に球際の厳しさや寄せの激しさ、戦う姿勢を貪欲に要求したのだろう。


 彼らは2002年5月のアジアユース選手権予選(1次予選=東京)を順当に突破。カタール遠征やSBSカップを経て、10月の最終予選(ドーハ)に向かっていた。そんな矢先の8月末、指揮官の協会強化委員長(現技術委員長)就任が決定。現場を離れることになる。それは予期せぬ事態に他ならなかった。


 後を託されたのは、FC東京をJFLからJリーグへと押し上げた大熊清監督(現清水GM)。育成年代の指導経験は皆無に近かったが、誰よりも負けることを嫌う熱血漢だった。彼は前任者の路線を引き継ぎつつ、闘争心を前面に押し出す指導を始めた。


「大熊さんになってからも4-4-2のシステムやハードワークを重視する方向性は変わりませんでした。むしろ前線の選手はより献身的に前からボールを追わなければいけなくなった。世界で勝つにはそれが必要だと考えていたんでしょう」と川島は証言する。 こうしたなか、最終予選に挑んだ日本。初戦の相手は強豪・サウジアラビアだったが、首尾よく2-1で勝利。チームは勢いに乗った。その後、インド、バングラディシュにも連勝し、世界切符のかかる準々決勝・UAE戦を迎えることになった。「95年カタール大会から4大会連続世界大会出場の記録を途切れさせてはいけない」と口を酸っぱくして言い続ける指揮官の熱意に押されたように、日本は開始早々成岡がに先制弾をゲット。阿部が前半のうちにPKで追加点を奪う。そして後半には成岡がダメ押しに成功。終わってみれば3-0の快勝で、最低限のノルマは果たした。


 次なる目標はアジア制覇。だが、準決勝のウズベキスタン戦は大苦戦を強いられる。相手に先手を取られ、坂田が同点弾をゲット。そのまま120分戦っても決着がつかず、PK戦へと突入する。そこで大仕事をしたのが守護神・川島だ。相手の1・2番手を立て続けにセーブし、勝利の立役者となったのだ。


「PKを止めたのはよく覚えています。アジア最終予選が初めてで、その難しさを知らなかった分、無心でやれたのが大きかったと思います。あの時のチームは選手個々の能力も高かったし、今ちゃんや坂田みたいにJで試合に出ている選手も何人かいた。実力は十分あるという確信はありました」(川島)


 しかし、決勝・韓国戦は一筋縄ではいかなかった。0-0のまま再び延長戦にもつれ込んだことで、2試合連続120分ゲームの疲労が一気に押し寄せてきたのだ。その隙を突かれて延長で宿敵にミドル弾を決められてしまう。当時の日本は親善試合で韓国に2度負けていたが、最終予選でもその壁を打ち破ることはできなかった。「この悔しさを晴らす」という想いが彼らの大きなモチベーションになったのだ。


 世界大会は2003年3~4月の予定で、強化期間は半年しかなかった。が、イラク情勢悪化で大会が延期となり、11~12月開催へとずれ込んだ。田嶋体制の頃から軸を担っていた川島、今野、坂田やU-17経験組は不動だったが、2003年シーズンに頭角を現わした近藤直也(東京V)や栗原勇蔵(横浜クラブシップ・キャプテン)、鈴木規郎(現代理人)らが台頭。メンバーの半数近くが入れ替わった。


 とりわけ大きかったのが、国見高3年の平山相太(仙台大コーチ)の飛び級招集だ。

「平山はキープ力が抜群で、どんなボールでも収めてくれるんで、攻撃がすごく落ち着きました。スピードはそこまでなかったけど、とにかく冷静で、堂々としていて、最前線にいるだけで頼もしかったですね」と川島が太鼓判を押すほど、存在感を高めていった。それでも大熊監督は慎重な姿勢を示し、本番では未知数の高校生をいきなり先発起用せず、徐々に使っていく手法を採った。

  初戦・イングランド戦は坂田と阿部の2トップでスタート。相手はルーニーとミルナーを招集できず、本来の強さが影を潜めたこともあり、日本は坂田のゴールで1-0と白星発進した。続くコロンビア戦は坂田と茂木の2トップで挑んだが、名将・ルエダ監督(現チリ代表監督)率いる敵は想像以上に個としても集団としてもレベルが高く、日本はまるで歯が立たない。1-4という惨敗もやむを得ないものがあった。


「前からプレスをかけに行っても全くボールが取れないし、自分たちのサッカーが通用しなかった印象しかないですね。僕にとってコロンビアは因縁の相手だけど、最初の戦いから本当に厳しいものがあった」と川島は神妙な面持ちで話したが、彼らは南米勢の底力をまざまざと見せつけられることになった。


 グループリーグ突破の懸かる3戦目の相手はエジプト。大熊監督はまたもFWの組み合わせを入れ替え阿部・茂木のコンビで行ったが、勝負を決めたのはスーパーサブの平山だった。谷澤達也(藤枝)のスルーパスを受けた大型FWが巧みなドリブル突破から奪った1点は、終始劣勢を強いられていた日本を救った。指揮官は「平山には富士山のような大きな存在になってほしい」と期待を込めて語ったが、底知れぬ潜在能力を持つFWのジョーカー起用という采配がズバリ的中し、終わってみれば1位通過。ラウンド16の相手は煮え湯を飲まされてきた宿敵・韓国と決まった。


 世界に舞台を移した日韓決戦は壮絶な試合となった。前半に失点を許した日本は追い込まれ、指揮官は温存していた平山をすぐさま投入。それでも点を取れないと見るや、もう1枚の切り札として置いていた坂田を起用した。大熊監督就任後、10番を背負いながら中途半端な位置づけに甘んじてきた男は「今こそ見返してやる」というギラギラ感を押し出し、終盤に値千金の同点弾を叩き込む。


 試合は最終予選決勝と同様、延長戦へと突入。そこで再び坂田が大仕事をやってのける。試合を通して中盤で激しいバトルを繰り返していたキャプテン・今野が攻め上がり、絶妙なラストパスをエースナンバー10に供給。坂田が決勝点となるゴールを奪ってみせた。日本はついに2-1の逆転勝利を収めたのだ。

 「どうしても勝ちたかった韓国に勝って、みんな『ヤッター』と喜びを爆発させていました。その傍らで坂田が不機嫌そうだったのをよく覚えています。大熊さんはエースを外して奮起するのを期待していたんだろうし、フランスでもそういう監督は見ますけど、若い頃はその意図を理解しづらいと思う。坂田にも複雑な感情があったんでしょうね」


 川島はこう述懐したが、負けん気が強いのは彼だけはなかった。毎回のように途中交代させられていた小林大悟(バーミンガム・レギオン)も、最終ラインの栗原、近藤、永田らもみな意見をハッキリ言うタイプで、強烈な個性派集団を束ねる指揮官はかなり手を焼いていた。「自分が悪者になって選手が力を出してくれるならそれでいい」とのちに語ったことがあるが、その刺激が選手個々を大きく伸ばしたのは事実と言っていい。


 そんな彼らも準々決勝・ブラジル戦は手も足も出なかった。開始15分間で3失点を食らい、終わってみれば1-5の惨敗。コロンビア以上に大きな実力差を突きつけられた。号泣した川島は「そこまでの戦いで得た自信が全て打ち砕かれるほどの大きなショックを受けました。同時に『世界との差』という言葉はもう二度と言いたくないと思った。あの大敗が転機になったのは確かです。その後、A代表になり、海外に出て、今も向上心を持ち続けられているのも、U-20の経験が大きいですね」とキッパリ言う。今も現役を続ける今野、徳永悠平や角田誠(ともに長崎)らもここでスイッチが入ったのかもしれない。


 この8強メンバーのうち、川島と今野がのちにワールドカップ出場を果たし、栗原や永田、菊地、徳永、平山らがA代表に上り詰めた。彼らに共通するのは球際や1対1の強さ、タフさを備えていること。「デュエルに強い3バックとボランチがいたことは、最後尾にいる自分にとって大きな安心感につながった」と川島も言う。「世界で戦える選手」にフォーカスした選手選考と育成は、20年近い時間が経過した今も大いに参考にすべきだろう。


取材・文●元川悦子(フリーライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事