「守備陣のベスト」イブラに挑んだCB冨安健洋に伊メディアが賛辞!一方で「醜態を晒した」と酷評も…

「守備陣のベスト」イブラに挑んだCB冨安健洋に伊メディアが賛辞!一方で「醜態を晒した」と酷評も…

2020.9.22 ・ 日本代表

シェアする

 ボローニャの冨安健洋は9月21日、ミランとのセリエA開幕戦で先発フル出場した。CBにコンバートされて初めての公式戦は、0-2の黒星に終わっている。


 冨安らボローニャ守備陣は、ミランのエース、ズラタン・イブラヒモビッチにドッピエッタ(2得点)を許した。冨安もイブラヒモビッチにかわされてシュートを打たれる場面などがあった。一方で、後半に決定機を阻止するなど貢献もしている。


 試合後、冨安自身は「CBはやりやすい」と話した。1年目の昨シーズン、右SBとして評価を高めた日本代表DFだが、CBとしての能力もシニシャ・ミハイロビッチ監督が太鼓判を押している。


 一部のイタリア・メディアも、CB冨安健洋に一定の評価を下した。


 衛星放送『Sky Sport』は及第点を上回る6.5点と採点。『Calciomercato.com』や『TUTTOmercatoWEB』も、及第点の6点をつけた。前者は「守備ラインをうまく保った。崩れることなく、終盤にはゴールにも迫った」と評価している。

  ただ、TUTTOmercatoWEBは「CBで彼のベストを出せると確信しているのか?いくつか疑問は残る」と、昨季のように右SBで起用するほうがチームにとって良いかもしれないと示唆した。


「居心地よくはなかった。だが、守備陣のベストではあった。それが何かしらを意味しているだろう」


『Gazzetta dello Sport』紙は、「全力を尽くした」と、及第点の6点としつつ「(実際は)6マイナスだ」と評価。「イブラヒモビッチが彼を狙い、トミは彼をかぎつけ、恐れを抱かず闘った。だが、ズラタンは支配した」と記している。


 手厳しい評価だったのが、5点をつけた『Sport Medieaset』やボローニャ専門サイト『bolognaSPORTNEWS』だ。後者は「イブラヒモビッチとのデュエルを担当した」と評している。


「致命的な相手だ。彼によって、CBとして最初の醜態を晒すことになった。イブラヒモビッチの得点場面での彼のポジショニングは完全に誤っていた」


 確かなのは、イブラヒモビッチとの対戦が、CB冨安健洋の経験値につながったということだ。シーズン開幕戦で世界有数のアタッカーを相手にした日本代表DFは、これからどんなパフォーマンスを見せてくれるだろうか。


構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事