最新FIFAランキング、日本は28位で2ランクダウン…最終予選でもたつきポイント下落、4連勝サウジが躍進

最新FIFAランキング、日本は28位で2ランクダウン…最終予選でもたつきポイント下落、4連勝サウジが躍進

2021.10.21 ・ 日本代表

シェアする

 FIFA(国際サッカー連盟)は10月21日、最新の世界ランキング(男子)を発表した。


 1位はベルギーで変わらず。上位陣ではネイションズ・リーグ優勝のフランスが前回4位から3位に、同準優勝のスペインが前回8位から7位に浮上した。同ベスト4のイタリアも前回5位から4位に上昇した。前回2位のブラジルは変わらず、同3位のイングランドは5位に後退した。


 また前回26位でアジア2位に後退していた日本は、さらに2ランクダウンの28位に。ワールドカップ・アジア最終予選グループBでは2勝2敗の4位と予断を許さない状況の日本は、10月の試合では敵地でのサウジアラビア戦に敗北。ホームでのオーストラリア戦では2-1で勝利したが、ポイントでは2.77ポイントのマイナスとなった。同グループで4連勝中のサウジアラビアは49位と、前回56位から7ランクアップの躍進となった。


 一方、前回アジアトップの座に返り咲いたイランは22位で変わらず。オーストラリアは前回32位から34位へ後退し、韓国は前回36位から35位に上昇した。

 最新FIFAランキングの上位30傑とAFCのトップ5は以下の通り。


1 ベルギー

2 ブラジル

3 フランス

4 イタリア

5 イングランド

6 アルゼンチン

7 スペイン

8 ポルトガル

9 メキシコ

10 デンマーク

11 オランダ

12 ドイツ

13 アメリカ

14 スイス

15 ウルグアイ

16 コロンビア

17 スウェーデン

18 クロアチア

19 ウェールズ

20 セネガル

21 チリ

22 イラン

23 ポーランド

24 ペルー

25 セルビア

26 ウクライナ

27 チュニジア

28 日本

29 モロッコ

30 アルジェリア


AFC TOP5

22 イラン

28 日本

34 オーストラリア

35 韓国

46 カタール


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事