南野拓実は現地評価も上々!リヴァプール史上5人目となるPLバースデー弾に

南野拓実は現地評価も上々!リヴァプール史上5人目となるPLバースデー弾に

2022.1.17 ・ 日本代表

シェアする

リヴァプールFW南野拓実は、現地メディアでブレントフォード戦のパフォーマンスが好評価を得ている。



16日に行われたプレミアリーグ第22節で、ブレントフォードと対戦したリヴァプール。ベンチスタートとなった南野は、2点リードで迎えた74分から途中出場。するとわずかその3分後、ハイプレスからロベルト・フィルミーノのパスを貰い、無人のゴールに流し込んだ。チームの3-0の勝利に貢献している。



この日が27歳の誕生日だった南野は、これが今季プレミアリーグ2ゴール目に。公式戦では通算6ゴールとなった。



そんな27歳の日本代表FWは、現地での評価も上々。『スカイスポーツ』は及第点以上となる「7」と採点し、『90min』も同じく「7」と評価した。寸評では「リヴァプールはブレントフォードからボールを奪い、ミナミノがキャリアで最も簡単なゴールを決めた」と綴っている。また『ESPN』は、「出場わずか数分でスコアシートに名を刻んだ」としている。



なお『Opta』によると、リヴァプールの選手がプレミアリーグでバースデーゴールを決めたのは、南野で5人目に。2013年9月のダニエル・スターリッジ以来(vsマンチェスター・ユナイテッド)の記録となったようだ。



記事提供:Goal

シェアする

最新記事