「日本代表における“タスク”と“こだわり”」谷口彰悟②

「日本代表における“タスク”と“こだわり”」谷口彰悟②

2022.3.19 ・ 日本代表

シェアする

原口元気(ヘルタ・ベルリン)、柴崎岳(レガネス)、鎌田大地(アイントラハト・フランクフルト)という欧州で活躍している日本代表選手から話を聞いてきたこのインタビューシリーズ、今回は国内組・川崎フロンターレ所属の谷口彰悟が登場。カタールW杯本戦出場権に大きく影響する3月24日オーストラリア戦を中心に心境を語ってもらった。


3月16日に発表された日本代表、キャプテンの吉田麻也(サンプドリア)は復帰となったが冨安健洋(アーセナル)は負傷ということで招集されなかった。2人の不在時に中国戦、サウジ戦で安定したプレイを見せた谷口が吉田のパートナーとして出場する可能性が高まっている。


アウェイでオーストラリアを破って出場権を取れたら最高ではある。ただ、相手も日本に勝って2位に返り咲きを目指している。引き分けに終わったとしても最終節で当たるのは最下位のベトナム。そこで引き分け以上であれば確実に本戦出場が決められるのだから、オーストラリア戦は負けないということが最優先されるべきだろう。谷口には2試合連続で無失点におさえた力を見せて欲しい。谷口本人にとってもバックアッパーから脱する大きなチャンスになるはずだ。インタビューの中でオーストラリア戦に向けての意気込みの他、森保監督の指導やロシアW杯のベルギー戦についても語っている。ぜひチェックして頂きたい。


シェアする

最新記事