塩谷司「打った瞬間に入るのがわかった。一つ恩返しできたんじゃないかと思います。」

塩谷司「打った瞬間に入るのがわかった。一つ恩返しできたんじゃないかと思います。」

2019.1.18 ・ 日本代表

シェアする

AFCアジアカップ UAE 2019 グループステージ第三戦、全勝対決となったウズベキスタンとの試合はここまでベンチを温めていた選手を中心に構成されたメンバーで戦い、見事な逆転勝利という結果を得た。大会前から続く主力選手の負傷で選手起用に頭を悩ませていた森保ジャパン、この勝利は選択肢を増やす意味でも大きな意味を持つはずだ。試合終了後、武藤嘉紀、室屋成、伊東純也、塩谷司に話を聞いた。


FW 武藤嘉紀選手

「久しぶりのゴールだったのでどう喜んで良いのか戸惑いましたけど、本当に室屋選手のナイスボールのおかげだと思いますし自分は合わせるだけでした。自分自分になってしまわずに周りをうまく使うことを意識していましたし、そんな中で今日はゴールを決めて他のところで仲間をうまく使ってゴール前に入っていけたので、そこは続けていくべきかなと思います。FWなので得点を取ってチームの勝利に貢献したいですし、泥臭く走り回ってチームの助けになれればと思います。」


DF 室屋成選手

「ここまで出ていない選手がメインで今回出ることになりましたけど、その中でも全員がハードワークして勝ち点3取れたことが本当に良かったと思います。自分のサイドから崩していこうっていうのは試合前から思っていましたし、(伊東)純也君と自分のところで『絶対やろうぜ』と言っていたので、失点した後、すぐに同点に追いつけてすごく良かったです。」


MF 伊東純也選手

「チャンスに顔を出せていたんですけど、最後に中と合わなかったりシュートのところだったり、その精度はもっと上げないといけないと思いました。一対一になったら負けない自信はありますし、良い形で何回も受けられるようにしたいと思います。」


DF 塩谷司選手

「打った瞬間に入るのがわかりました。できれば監督の方に行きたかったんですけど頭が真っ白になっちゃって、みんなも寄ってきてくれたので一つ恩返しできたんじゃないかと思います。(アルアインは)自分の庭というか家のようなところですし、普段ここで練習もしているのですごくやり易かったです。日程も過酷ですし総力戦になると思うので、またしっかり良い準備をしてチーム全員で一試合一試合勝利に向かって頑張りたいと思います。」


AFCアジアカップ UAE 2019

日本代表 vs オマーン代表

1月21日(月)20時00分キックオフ(予定)

テレビ朝日系列/NHK BS1にて生中継


シェアする

最新記事