「チャンスをしっかりと得点に…」予選で個人的な不満を募らせる南野拓実がサウジ戦へ意気込み

「チャンスをしっかりと得点に…」予選で個人的な不満を募らせる南野拓実がサウジ戦へ意気込み

2019.1.21 ・ 日本代表

シェアする

日本代表FW南野拓実は、21日に行われるアジアカップ2019決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア代表戦を前に、ここまでの3試合や大一番への意気込みなどについて話した。


グループステージ3連勝を飾り、グループFを首位で通過した日本代表。この結果への満足を示す南野だが、自身のプレーには満足できていないと話した。「まずはチームが勝つことが第一で、それまでのチームの結果というところには満足しています。もちろん個人としての結果と言うところは、まだまだチームに貢献できてないと思う。できていないというか、ゴールかアシストというところでチームに貢献したいなという気持ちがあります。そこはこだわっていければ良いかなと思います」


グループステージも終わり、決勝トーナメントからは一発勝負に。同選手は結果をより求められる戦いに向けての意気込みを語った。「決勝トーナメントでは、1点の重さがグループステージよりも増してきます。だからこそ、個人としてはチャンスがあった時、しっかり決めきるところであったりとか、DFのところで最後のゴール前のところでしっかり体を投げ出すであったりとか、そういうところが重要になってくるかなと思います」


「先制点というのはそういう意味で非常に大事になってくると思うので、前の選手ができるだけ早く取ることができれば楽に試合を進めることができます。とはいえ、それで戦い方を変えるわけじゃないですけれど、アグレッシブにいつも通りにプレーできれば良いかなと思います」


そして、南野はサウジアラビア代表の印象について「オフサイドトラップをかけたり、マークを外す場面というのは見ていた映像でもあったので、そういうところを狙っていければ良いかなと思います」と相手の守備陣の綻びを狙いたいと話した。



記事提供:Goal

シェアする

最新記事

おすすめ動画