DFマルビン・ベハラノ「我々は日本の強みを消しにいくようなサッカーをする」

DFマルビン・ベハラノ「我々は日本の強みを消しにいくようなサッカーをする」

2019.3.26 ・ 日本代表

シェアする

森保一監督率いる日本代表は本日26日、キリンチャレンジカップ2019ボリビア代表戦を戦う。4日前、コロンビア代表戦では色々な選手の組み合わせを試すなどテストとしては収穫があったものの、得点を奪えないまま敗戦を喫している。6月に控えるコパ・アメリカに向けて内容は勿論のこと、結果も出していきたいところだが、その点では対戦するボリビア代表も同様だろう。試合前日調整を終えたGKカルロス・ランペ、DFマルビン・べハラノ、そしてMFラミロ・バカに、日本戦に向けての意気込みなど話を聞いた。


GKカルロス・ランペ(ウアチパト/チリ)


ーー監督が会見であなたの先発とゲームキャプテンを公言していましたね。


代表チームのキャプテンとしてプレイすることはいつでも名誉なことであり、誇りです。明日はここ最近とても好調で偉大なチームが相手、良い試合をしたいですね。今、我々は新監督の下でボールをしっかりと扱うサッカーを目指しています。しっかりとパスを回しながら、相手の守備にできたスペースを突くサッカーをするつもりです。


DFマルビン・ベハラノ(ザ・ストロンゲスト)


日本の印象はとても良いですよ。これまでずっとインターネットなどで日本のことは見聞きしていました。まだ数日ですが、特に日本の規律や先進的なテクノロジーは南米よりも数歩先にあると感じています。


試合では、ボールが走りやすいピッチですので、日本にボールを持たれると思います。我々としては相手の強みを消しにいくようなサッカーをするまでですね。


ーー日本の選手を誰か知っていますか?


香川選手です。彼はとても速くて、違いを生み出すことのできる選手ですので注意が必要ですね。


MFラミロ・バカ(ザ・ストロンゲスト)


ーー韓国戦は苦しい試合でしたね?


そうですね、とても強い相手でした。アジアは南米とは異なるサッカーをするので、相手のプレイやピッチなど適応するのに苦労しました。ただ、時間が経過するに連れ適応できたので、終盤は良い試合ができたと思います。日本は国際舞台での経験も豊富ですし、我々としてはコパ・アメリカに向けての良い準備となる試合をしたいです。


見に来てくださるファンの皆さんには感謝したいです。まずは試合を楽しんでもらいたいですし、ここまで日本の皆さんには本当に良くしてもらっています。温かく迎えてもらったことは私達にとって美しい思い出となりそうです。


3/26(火) キリンチャレンジカップ2019

サッカー日本代表 VSボリビア代表19:30 キックオフ(予定)

ノエビアスタジアム神戸

フジテレビ系列にて生中継


シェアする

最新記事

おすすめ動画