「こいつら、巧いよ」トルシエが惚れ込んだ黄金世代。平成日本サッカー史に与えた、絶大なる影響

「こいつら、巧いよ」トルシエが惚れ込んだ黄金世代。平成日本サッカー史に与えた、絶大なる影響

2019.4.23 ・ 日本代表

シェアする

 1999年4月24日。ナイジェリアで開催されたワールドユースの決勝に勝ち上がったU-20日本代表は、シャビを擁する強豪スペインとの最終決戦に挑んだ。

 

 日本の快進撃は世界を震撼させたが、大黒柱の小野伸二を欠いたこの日ばかりは勢いが削がれた。GK南雄太の5ステップによるPK献上を皮切りに、前半だけで3失点。終わってみれば0-4の完敗を喫した。それでも、大会ベストイレブンに小野と本山雅志が選ばれるなど、日本の若い世代の評価が急上昇したのは確かだ。

 

「監督のフィリップ(・トルシエ)は『こいつら、巧いよ』とよく言っていました。『ボールも速く動くし、テクニックもある。ホントに凄い才能を持った選手たちだ』と。だから自分がユース代表監督をやると言い出したんでしょう」と、当時コーチを務めた山本昌邦氏も語ったことがある。

 

 ワールドカップ出場国を率いた外国人指導者が見ても、小野、本山、稲本潤一、遠藤保仁、小笠原満男らの技術と戦術眼は非凡なものがあったに違いない。それを世界の大舞台で実証したことで、日本人選手の評価が急上昇したのは紛れもない事実だ。


  この時点で欧州トップリーグに参戦していた日本人は中田英寿のみ。名波浩が同年夏にセリエAのヴェネツィアへ移籍したものの、まだまだ海外移籍のチャンスは限られていた。それを広げたのが、2001年にフェイエノールト入りした小野とアーセナルに行った稲本、ボカ・ジュニオルスに赴いた高原直泰だ。

 

 とりわけ小野は1年目から主力の座を掴み、2001-02シーズンのUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)制覇の原動力となる。当時の指揮官であるベルト・ファン・マルバイク監督も「シンジはいまで一緒に働いたなかで最高のプレーヤーだった」と絶賛するほどの存在感を示したことで、欧州での日本サッカーへの関心度がさらに上昇。その後の中村俊輔、柳沢敦らの大量移籍につながる。

 

 2010年代に入ってからの本田圭佑や香川真司の活躍もあって、ナイジェリアから20年が経過したいまは、日本代表どころか、年代別国際大会に出ていないような選手でも欧州にプレー環境を見出せる時代になった。その先駆者である黄金世代の役割はきわめて大きいと言っていい。 彼らが果たしたもうひとつの重要な仕事は、日本代表のレベルアップだろう。

 

 日本がワールドカップ初出場した1998年フランス大会に18歳の小野が参戦したのを手始めに、黄金世代は徐々に代表の軸を担い始め、2002年日韓大会では小野、稲本、中田浩二が絶対的な主力として戦い、史上初の16強入りに貢献する。小笠原や曽ヶ端準もメンバーには入っていたし、高原も直前の肺動脈塞栓症発症がなければFWの一角を占めていたはずだった。それだけの若き才能が、トルシエジャパンを活性化していたのは間違いない。

 

 続く2006年ドイツ大会は2002年組に加地亮や遠藤らも加わった。ひとつつ年下の巻誠一郎や玉田圭司らを含めれば、およそ半数が黄金世代という状況だった。それだけ豪華な陣容を擁しながらグループリーグ惨敗に終わったのは不本意にほかならないが、主たる敗因はコンディショニングやジーコ監督の選手起用法や戦術的な問題と言われ、選手個々の能力が低かったわけでは決してない。

 

 それを象徴するように、4年後の2010年南アフリカ大会では遠藤が絶対的ボランチに成長。3度目のワールドカップに挑んだ稲本もクローザーとしてチームを支えた。「自分たちが日本の歴史を変えていくんや」と若かりし日の稲本はよく語っていたが、そんな自覚を黄金世代はみな持ち続けていたはず。高いレベルを目ざす飽くなき向上心とチャレンジャー精神もまた、この世代の特長だったのだ。


  その後、遠藤だけは2014年ブラジル大会まで代表キャリアを続け、国際Aマッチ152試合出場という前人未到の数字を叩き出した。

 

「代表は目標のひとつではあったけど、ここまでやれるとは想像もしていなかった。1つひとつカテゴリー別の試合に出たいという気持ちもあったし、五輪が終わった後はA代表しかないので、つねに選ばれたいという想いはもちろんありました」

 

 150キャップに到達した2015年アジアカップ(オーストラリア)で彼はしみじみとそう語ったが、同世代の競争が熾烈だったからこそ、そこで勝ち抜いて上に行きたいという想いがひと際、強かったのだろう。

  2018年シーズン限りで引退した小笠原も「最後までシンジには勝てなかった」と苦笑していたが、黄金世代の一員としての自信とプライド、負けじ魂がそれぞれを飛躍させ、日本代表をレベルアップさせてきた。彼らが1998~2014年まで5つのワールドカップに関わり、うち2回で16強入りしたという事実を、我々は今一度、脳裏に刻むべきだ。

 

 本田や長友佑都、岡崎慎司ら北京五輪世代が2010年南アフリカ、2014年ブラジル、2018年ロシアと3大会に出場し、目に見える成果を残したことで、黄金世代の貢献度がやや低く見られがちな部分はある。だが、日本代表や日本サッカーの評価を高め、後輩たちが活躍できる土台を築いた先人たちの存在を忘れてはいけない。

 

 それをしっかりと理解したうえで、未来を担う若い世代には黄金世代を超えるインパクトを残せるように、努力を続けてほしいものである。

 

文●元川悦子(フリーライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画