U-16日本代表がゴールラッシュ!5−0でメキシコを下し優勝決める

U-16日本代表がゴールラッシュ!5−0でメキシコを下し優勝決める

2019.6.16 ・ 日本代表

シェアする

16日、『U-16 INTERNATIONAL DREAM CUP 2019 JAPAN presented by 朝日新聞』の3戦目が宮城県・ユアテックスタジアム仙台で行われ、U-16日本代表がU-16メキシコ代表と対戦。前半に大量4ゴールをあげ、5対0で圧勝した日本が、2大会ぶりの優勝を決めた。


2試合を終えて、首位に立つ日本。勝てば優勝の一戦、スタメンはGK高橋一平、最終ラインは右から森田翔、諏訪間幸成、工藤孝太、松木玖生。ダブルボランチに豊田晃大と山根陸。右に中村仁郎、左に山崎太新。2トップに勝島新之助と河野孝汰が入る、4-4-2でスタートした。


開始直後から日本が持ち味のパスワークでボールを支配すると、前半12分に河野のスルーパスを受けた中村が鮮やかな切り返しで相手をかわし、右足でシュート。GKの股間を抜いたボールは、ゴールに吸い込まれた。


幸先よく先制ゴールをあげた日本。攻撃の勢いは止まらない。前半19分、後方からのスルーパスをを受けた中村が右から中央へカットインし、豪快に左足を振り抜いて2点目。メキシコを突き放す。


前半37分には右から中央へパスを繋ぐと、エースの勝島が相手をフェイントでかわし、左足で3点目となるゴールを流し込んだ。前半アディショナルタイムには、左サイドからチャンスメイクし、ゴール前で山崎、勝島とパスを繋ぎ、ボランチの豊田がゴール右に蹴り込んで4点目。試合を決定づける。


後半開始からメキシコが攻勢に出るが、GK高橋を中心にゴールを死守する。後半12分、日本は山崎、勝島に替えて大迫蒼人と千葉寛汰を投入。すると後半13分、替わって入ったばかりの千葉が、ゴール前で豪快に右足を振り抜き、5点目をゲットする。


後半20分、右サイドの森田、中村に替えて、原直生、三木仁太を投入。直後の後半22分には途中出場の大迫がドリブルで持ち上がり、左足を振り抜くが、クロスバーを直撃した。


後半33分にはGK高橋、工藤に替えて、田中春希と東廉を投入。その後も千葉が積極的にシュートを打つなど、最後まで攻撃の手を緩めない日本が5対0で完勝し、2大会ぶりの優勝を遂げた。


試合後、山橋貴史監督は「選手たちが戦う姿勢を出して、攻撃と守備のコンセプトを共有し、思ったとおりのプレーをしてくれた」と評価し、今後に向けては「パスやコントロールの質を上げて、こういう試合を多く経験する中で、ひとつでも上のカテゴリーの代表に選ばれるように成長してほしい」とエールを送った。


4ゴールで得点王に輝いた勝島は「FWとして点をたくさん決めることができて嬉しい。

(この大会は)海外の選手と戦う貴重な機会。自分のストロングポイントを出せたし、点を取れたことが嬉しい。今後はメッシ選手のような仕掛けるプレーで点をとったり、大迫選手のようにボールがキープできる選手になりたい」と理想像を語った。


この結果により、日本は3試合を終えて勝点8で1位。2位ルーマニア、3位ナイジェリア、4位メキシコという成績で大会は幕を閉じた。


シェアする

最新記事