“唯一の大学生”上田綺世が不名誉記録…「決定機でのミス」がコパ・アメリカ最多に

“唯一の大学生”上田綺世が不名誉記録…「決定機でのミス」がコパ・アメリカ最多に

2019.6.25 ・ 日本代表

シェアする

 コパ・アメリカ2019で苦杯をなめたのが、日本代表FWの上田綺世だ。

 

 現在20歳のストライカーは、所属する法政大学と東京五輪代表チームで決定力を見せ、2021年の鹿島アントラーズ入団も内定。コパ・アメリカで大学生では9年ぶりとなるA代表入りを果たした。今大会に登録された12か国276名のうち、大学生はもちろん上田だけだ。

 

 しかし、ブラジルの地で歓喜はもたらせなかった。スタメンで初キャップを刻んだチリ戦、途中出場だったウルグアイ戦とエクアドル戦と、多くのチャンスを得ながら3試合連続でノーゴールに終わったのだ。

 

 スタッツを見ると、「決定機でのミス」は実に5回。これはグループステージを終えた時点で断トツの大会最多だ(2位は2回でウルグアイのルイス・スアレス、アルゼンチンのラウタロ・マルティネスなど7名)。初の大舞台で不名誉記録を作ってしまった。

  総シュートは6回で、そのうち枠外が5回、枠内が1回。そもそもゴールの枠にシュートがほとんど飛ばなかった。決定機を迎えているのだから動き出しは良かったと言えるが、やはりストライカーはゴール数で評価されるのが宿命だ。

 

 この悔しさをバネに成長したい。

 

構成:ワールドサッカーダイジェスト編集部

 

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事