森保監督は「強敵不在のグループF」で最終予選進出目指す。「五輪チームの並行強化」という難題を乗り越えられるか

森保監督は「強敵不在のグループF」で最終予選進出目指す。「五輪チームの並行強化」という難題を乗り越えられるか

2019.7.17 ・ 日本代表

シェアする

17日にマレーシア・クアラルンプールで行われたFIFAワールドカップ カタール2022アジア二次予選の抽選で、日本はF組で最終予選進出を目指すこととなった。出場国40チームが8つのグループに振り分けられ、FIFAランキングで現在28位である日本はキルギス(95位)、タジキスタン(120位)、ミャンマー(138位)、モンゴル(187位)と対戦する。実力差、経験を考えれば日本の1位突破は固く、この段階で敗退する可能性はほぼないと言って良いだろう。


しかしながら、近年におけるアジア各国の急成長を考慮すれば油断は禁物と言わざるを得ないし、海外組とJリーグ組が集まって練習、試合を戦える希少な日程でもあるため、森保一監督は「勝って当たり前」という相手と対戦しながら、様々なプレイヤーを試しつつ、しっかりと主導権を握った上で勝利できるチームを作り上げていくことが求められる。加えて東京五輪でのメダル獲得という、ワールドカップベスト8進出に勝るとも劣らない大目標も見据える必要がある。コパ・アメリカで起用したメンバーをベースにしながらオーバーエイジ枠などを探っていく形になることが予想されるが、二兎を追うチームビルディングは簡単ではないはずだ。


前回ロシアW杯のアジア二次予選でもハリルホジッチ率いるチームは、楽勝と思われたホームのシンガポール戦でまさかの引き分けという結果に終わった。勿論、この引き分けによって日本がW杯本戦出場の可能性が危ぶまれるような、シビアな状況に身を置かれたわけではないが、本大会直前でハリルホジッチが電撃解任されたことを思い起こすと、彼の手腕にケチが付き始めはこの2次予選でのホームゲームだったかもしれない。森保監督もファンが期待する「内容を伴う全勝」を意識しながら戦わざるを得ないだろう。


本田圭佑が実質的な監督を務めるカンボジア代表(169位)はグループCでイラン(20位)、イラク(77位)、バーレーン(110位)、香港(141位)と戦うこととなった。また、西野朗監督の就任が決まったタイ代表(116位)はUAE(67位)、ベトナム(96位)、マレーシア(159位)、インドネシア(160位)がひしめき合うグループGで、アジア最終予選進出を目指し戦うことになる。


シェアする

最新記事