【松木安太郎】森保ジャパンの“3連戦“。焦点は「武蔵の起用」と「堂安&久保の融合」だ

【松木安太郎】森保ジャパンの“3連戦“。焦点は「武蔵の起用」と「堂安&久保の融合」だ

2019.11.13 ・ 日本代表

シェアする

 11月の2試合のメンバー招集に当たって森保一監督が考えたのは、まずキルギスと対戦する2次予選を勝つことだろう。それを念頭に、怪我で呼べない大迫勇也や冨安健洋の代役を当てはめていった形だと思う。キルギスに負けるとは考えにくいが、アウェーでの戦いということで、最少得点差でもいいから勝点3を取りたいところだ。


 招集メンバーを見ていくと、FW登録が極端に少ない。キルギス戦に関しては、永井謙佑と鈴木武蔵のふたりだけ。そう考えると、MF登録の選手が前線で起用される可能性もありそうだが……個人的には武蔵を見てみたいと思っている。


 武蔵はJ1で得点ランキング5位タイの12ゴールを叩き出し、乗っている選手だ。大迫とはタイプが違ったFWだから、彼が機能すれば攻撃のバリエーションも増えてくる。もちろん、永井のスピードも捨てがたいが、旬の選手をピックアップする方が、代表チームとしては健全だろう。

  一方で、最終ラインは吉田麻也、長友佑都、酒井宏樹とレギュラー陣が揃っている。焦点は冨安のポジションに誰が入るのか。ここは植田直通が最有力だろう。空中戦や局面での競り合いに長けた屈強CBが、周囲といかに連動できるかは注目ポイントのひとつだ。


 ボランチは柴崎岳と橋本拳人、遠藤航といった主力がいるので変化はあまりないかもしれない。問題はそこから前のポジション。堂安律と久保建英をU-22代表に招集したから、必然的に席が空いてくる。前回の試合では伊東純也が良いパフォーマンスを見せ、本人も自信をつけたようだし、森保監督は引き続き起用しそうだ。


 継続という意味では、鎌田大地のトップ下や浅野拓磨のサイド起用も指揮官の頭には入っているだろう。彼らが中島翔哉や南野拓実といった主力組と上手くハーモニーを奏でられれば、一気に序列を上げる可能性もある。


 メンバーがガラッと変わるベネズエラ戦は、親善試合なのでテスト色が濃くなる。メンバーを見ても、監督がそう考えているのが分かる。キルギス戦が終わったら、吉田や長友といったレギュラー陣はクラブへ返すからね。代わりにイキの良いJリーグの選手を呼んだ印象だ。 ベネズエラ戦のスタメンは、それでもキルギス戦がベースになるはず。柴崎や中島あたりは固いだろう。ただ、ベネズエラ戦はテストマッチだ。「ここで試さないでどこで試すの?」という試合だから、いろんな選手を見てみたいよね。


 例えば、柴崎の相棒になるのは誰か。また、大島僚太や井手口陽介がどうレギュラー陣に絡んでくるか。柴崎が不在の状況はテストしてないから、ここで見ておくのもいいだろう。

  これまでの采配の傾向を振り返ると、古橋亨梧やオナイウ阿道といった初招集の選手にチャンスが巡ってくる可能性は低いかもしれない。とはいえ、ここで呼ばれたのは選択肢に入っているということだから、トレーニングでしっかりアピールしてほしいね。


 今回は17日にU-22代表の試合もある。前述のとおり、このチームには堂安や久保、板倉たちが呼ばれた。A代表にも選出されている彼らがU-22代表として声がかかったのは、「お前たちは五輪で行くよ」という監督のメッセージだろう。


 堂安と久保がどんな化学反応を起こすのかは興味深いよね。このチームにはコパ・アメリカで躍動した三好康児もいる。スコットランドで活躍する食野亮太郎やオランダで台頭してきた菅原由勢あたりもアピールに燃えているだろう。U-22代表の強化はもちろん、A代表に吸い上げられるような選手が出てくるのも期待したいよ。


 U-22代表の相手は、U-22コロンビア代表だ。キルギスやベネズエラのA代表よりも強いかもしれない。そんな強敵を相手にできる機会はめったにない。もちろん、テスト的な意味合いもあるだろうけど、勝ちに行くのが大前提。久保や堂安をスタメンで使って、しっかりと勝利をモノにしたいね。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事