長谷部誠も認めるインテリジェンス。トップ下での成功を望む鎌田大地が、2次予選4発の南野拓実との競争に挑む!

長谷部誠も認めるインテリジェンス。トップ下での成功を望む鎌田大地が、2次予選4発の南野拓実との競争に挑む!

2019.11.13 ・ 日本代表

シェアする

 14日に迫った2022年カタール・ワールドカップ・アジア2次予選キルギス戦(ビシュケク)。2日前には日本代表メンバー23人全員が揃い、10月シリーズに続いて招集された鎌田大地(フランクフルト)も合流。同じリオ五輪世代の浅野拓磨(パルチザン)らと笑顔でランニングを消化するなど、状態のよさをアピールした。



「クラブと代表ではやってることが全然違う。クラブはクラブ。代表は代表です」と日頃はフランクフルトでのプレーに神経を集中させている鎌田だが、いち早く代表モードに頭を切り替えたはず。今年3月のコロンビア戦(日産)でA代表デビューしてから4試合出場で1ゴールと、ここまではまずまずの結果を残しているが、まだ完璧に代表定着を果たしたとは言い切れない状況だ。自身の地位を確立するためにも、キルギス戦では大きなインパクトを残す必要がある。


 しかも、彼がここまで起用されたのは最前線が中心だ。絶対的1トップ・大迫勇也(ブレーメン)不在時の穴埋め役のひとりという印象が強かった。ベルギーのシント=トロイデンでシーズン通算公式戦15ゴールを挙げていた昨季は、点取り屋に近い役割を担っていたため、代表でトップ要員と位置付けられるのも納得できただろうが、今季所属するフランクフルトではトップ下がメイン。10月24日のヨーロッパリーグ(EL)・リエージュ戦のようにチーム事情で2トップの一角に入るケースもゼロではないが、「去年15~16点を取ったからと言って、自分がストライカーみたいにゴールを量産できる選手だとは思っていない。中盤の割に得点に絡めるのが特長」とあくまで攻撃的MFだという強い自負がある。「欧州4大リーグでプレーできる日本人の中盤の真ん中はほとんどいない。自分がより上に行くためにも、そこで頑張って評価されるようにならないといけない」と語気を強めるほど、本人はトップ下での成功を熱望しているのだ。


 だからこそ、代表でもクラブと同じ役割で躍動したいところ。現に10月のタジキスタン戦(ドゥシャンベ)でも、後半から南野拓実(ザルツブルク)とポジションを入れ替え、トップ下に回ってから本来の輝きを取り戻している。「ドイツに戻ってから体中のいろんなところに痛みを感じるくらい一つひとつの動作の強度が上がった」と日常的環境を通して接触プレーに磨きをかけてはいるものの、やはり前向きにプレーできる状態の方が持ち前の技術や創造性、フィニッシュの力を出しやすい。今後もこのポジションを極めていった方が鎌田自身も、チームにとってもプラスに違いない。 とはいえ、今の日本代表の絶対的トップ下はご存じの通り、2次予選3戦4発の南野だ。新体制発足から1年で10ゴールを挙げている最大の得点源を森保一監督もそう簡単には動かさないだろう。鎌田にとっては厳しい状況ではあるが、フランクフルトで培った経験値を生かしながら「ゲームメークも得点もできるトップ下」であることを実証するしかない。今回のキルギス戦で与えられる時間はそう多くなさそうだが、「ドイツに戻るために得点に強くこだわった。むしろその仕事しかしてない」というシント=トロイデン時代のように、割り切って目に見える結果に集中することも重要ではないか。

 一方で、今季無得点が続くフランクフルトでもここから数字を残していく必要がある。

「今季はELやブンデスリーガ、ポカールもありますし、焦らずにやっていけば、シーズン通して7点8点くらいは取れると思う。アシストと得点で『8・8』とか『7・7』とかに持っていけばいい。今は我慢しながら待たないとダメかなと思います」と本人も話していたが、ゴールへの道筋をいち早く見出さなければならない。


 その結果、数字がついてくれば、森保監督も南野依存状態からの脱皮を真剣に考えるはず。今回のキルギス戦がひとつのきっかけになれば、彼自身にとっても理想的なシナリオだ。代表前キャプテン・長谷部誠が「大地はサッカーのインテリジェンスが非常に高い。今は垂直くらいに成長している。それを続けていくことが大事」と太鼓判を押す潜在能力の高さを今こそ、思い切って前面に押し出してほしいものである。


取材・文●元川悦子(フリーライター)

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事