日本代表の新ユニの現地評は?「斬新で面白い」「評価が難しい」キルギスメディア&サポーターからも賛否両論の声

日本代表の新ユニの現地評は?「斬新で面白い」「評価が難しい」キルギスメディア&サポーターからも賛否両論の声

2019.11.15 ・ 日本代表

シェアする

[カタール・ワールドカップ・アジア2次予選]日本 2-0 キルギス/11月14日/ドレン・オムルザコフ・スタジアム


 カタール・ワールドカップのアジア2次予選でキルギスと対戦した森保ジャパンは、41分に南野拓実のPKで先制すると、54分には原口元気がFKから追加点を奪い、2-0で勝利した。これで今予選は4連勝、そして4試合連続でのクリーンシートを達成した。


 敵地で行なわれたこの一戦で日本代表は、先日発表されたばかりの新ユニホームを着用。「日本晴れ。(ニッポンバレ)」をコンセプトに、空を想起させる5色の青がコラージュされたデザインの新ユニホームは、現地のキルギスメディアやサポーターからはどんな印象を持たれたのか、試合後に訊いてみた。

  まず「日本のユニホームは以前はシャープで“キレイ”という印象。新しいユニホームは斬新で“面白い”という印象です」と語ってくれたのは現地メディア「アザトク」のツルドゥバエワ記者だ。そして「デザインとして評価は難しいですが、インパクトはあったんじゃないでしょうか」と続けてくれた。


 またスタジアムで日本のコーディネートを担当した女性のスルタナリエワさんは「格好良いと思います。新しい日本代表にピッタリなのではないでしょうか」と語る一方、ボランティアスタッフの男性のクバンさんは「評価が難しいですね……。なんとも言えないというのが正直なところです」と話す。


 また試合後のキルギスサポーターからは「クール!美しい」と称える声や、「インパクトはグッド。でも少し強烈すぎる」との声も上がった。


 日本同様、キルギスでも様々な意見が訊かれた。


取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事