キルギスメディアは森保ジャパンの戦いに疑問符「なぜナカジマを先発させなかったのか」

キルギスメディアは森保ジャパンの戦いに疑問符「なぜナカジマを先発させなかったのか」

2019.11.15 ・ 日本代表

シェアする

[カタール・ワールドカップ・アジア2次予選]日本 2-0 キルギス/11月14日/ドレン・オムルザコフ・スタジアム


 敵地・ドレン・オムルザコフ・スタジアムで、キルギスと対戦(カタール・ワールドカップ・アジア2次予選の第4戦)した日本は、序盤から荒れたピッチや相手の果敢なプレッシャーにリズムを崩されるも、41分に南野拓実が自ら得たPKを成功させて先制。南野のワールドカップ4戦連続、国際Aマッチでは5戦連続となるゴールで試合を動かすと、41分には原口元気がFKを直接決めてリードを広げた。


 もっとも終盤にはキルギスの反撃を受けるなど、2次予選は4連勝、4試合連続クリーンシートを達成したとはいえ、試合を通じて苦戦を強いられた格好だ。


 そんな日本の戦いに関して試合後、「日本はもう少し圧力をかけてくると思いましたが、予想よりも攻撃が上手くいってなかったのではないでしょうか」と語ってくれたのは、現地メディア「アザトク」のツルドゥバエワ記者だ。 ツルドゥバエワ記者は日本で印象に残った選手は「100試合出場を達成したマヤ・ヨシダ」と話し、「キルギスはチャンスを作ることができましたが、彼の壁を越えることはできませんでした」と続けた。


 また中島翔哉の起用法に関しては疑問を呈した。


「ショウヤ・ナカジマはテクニカルなプレーヤーで、キルギスでも優れたタレントとして広く知られています。ひとりのサッカーファンとしても彼のプレーを楽しみにしていましたが、なぜ日本はスタメンで起用しなかったのでしょうか。彼がスタートから出ていたら流れは変わったかもしれません」


 この日、森保一監督は、中島に代えて左サイドハーフで原口元気をスタメン出場させ、中島は77分から投入。もっとも限られた時間では、日本の10番は輝けず、一方の原口はゴールという結果を残した。ただ試合を通じて攻撃が機能したとは言い難く、課題が残ったのも事実だった。


取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事