代表デビューのFW小川航基がハットトリック!森保ジャパンが5得点で香港を一蹴、E-1優勝に向けて大きく前進

代表デビューのFW小川航基がハットトリック!森保ジャパンが5得点で香港を一蹴、E-1優勝に向けて大きく前進

2019.12.15 ・ 日本代表

シェアする

14日、『EAFF E-1 サッカー選手権』の2戦目が韓国の釜山で行われ、日本代表が香港代表と対戦。開始から攻勢に出た日本は、代表デビュー戦となる小川航基のハットトリックを含む、大量5ゴールで香港に完勝。2連勝を飾り、優勝に向けて大きく前進した。


初戦から中3日で迎える日本は、スタメンを総入れ替えして臨んだ。GK大迫敬介、最終ラインは右から渡辺剛、田中駿汰、古賀太陽。ダブルボランチに大島僚太と田中碧。左に菅大輝、右に相馬勇紀。2シャドーに仲川輝人と田川亨介。ワントップに小川航基が入る、3-4-2-1でスタートした。


日本はFIFAランキング139位の香港に対して主導権を握ると、前半8分、クリアボールを拾った菅が左足で強烈なシュートを突き刺し、早々に先制点を奪う。


前半14分には、大島のコーナーキックを田川が頭で合わせて2点目。前半26分には、小川がペナルティエリアの外で反転してシュートを打ち、3点目をマークした。


前半終了間際には、相馬の突破からチャンスを作り、菅の折り返しを小川が詰めて4点目。香港に対し、力の差を見せつける。


後半11分には香港がチャンスを迎えるが、シュートはクロスバーを直撃する。直後の後半13分には、大島のクロスボールが香港の選手の頭に当たり、小川の前に飛んできたボールをヘディングで押し込み5点目。小川は代表デビュー戦でハットトリックを記録した。


後半22分にはボランチの田中碧に替えて、畠中槙之輔を投入。田中駿汰がボランチに入り、畠中が3バックの中央に入った。後半39分には、ハットトリックの小川に替えて、上田綺世を投入。後半41分には相馬のクロスを上田がダイビングヘッドで合わせるが、ゴールポストを直撃した。


直後にもコーナーキックから、田中がヘディングシュートを打つが、わずかにゴール左。最後まで追加点を目指した日本は、香港にほとんど決定機を作らせず、5点を奪って完勝。2連勝を飾り、最終戦の韓国との大一番に挑むこととなった。


試合後、森保一監督は「選手たちがアグレッシブにチャレンジしてくれた。(失点0は)3戦目に向けて、自信を持って迎えることができる」と話し、ハットトリックの小川は「エースは自分だと認めてもらえるように、もっと点を取っていけたらと思っている」と力強く語った。


勝って優勝を決めたい韓国戦は、18日(水)19時30分キックオフ。試合はフジテレビで生中継される。


シェアする

最新記事