吉田麻也に千載一遇のチャンスが到来? 5戦15失点でサンプドリア指揮官のラニエリがインテル戦起用を検討か

吉田麻也に千載一遇のチャンスが到来? 5戦15失点でサンプドリア指揮官のラニエリがインテル戦起用を検討か

2020.2.20 ・ 日本代表

シェアする

 直近の5試合で15失点とあれば、チームとして何かしら手を打たなければならない。日本代表CBの初抜擢は、その一つとなるのだろうか。


 現地時間2月16日に開催されたセリエA第24節で、サンプドリアはフィオレンティーナに1-5と大敗した。20節ラツィオ戦(1-5)、22節ナポリ戦(2-4)に続く大量失点だ。


 昨年末にアレックス・フェラーリが膝の前十字靭帯を負傷して長期離脱を余儀なくされ、守備の柱を欠いたサンプドリアは、クラウディオ・ラニエリ監督の要請を受け、去る冬の移籍マーケットでロレンツォ・トネッリと吉田を獲得した。


 ここまでは、先に加入していたトネッリが定位置を掴み、マーケット最終日に加入した吉田はまだデビューできていない。だが、直近の試合ではトネッリとコンビを組む、主力CBオマール・コリーにミスが目立っているのが現状だ。


 現在17位のサンプドリアは、降格圏の18位ジェノアと勝点わずか1差。セリエA残留のためには、少しでもポイントを手にする必要がある。それは、次節の相手が優勝を争っている3位インテルであっても変わらない。

 そこで、『Gazzetta dello Sport』紙によると、ラニエリは吉田の投入も考えているようだ。あくまでアイデアの一つとしたうえで、5バックにする可能性も否定はできないと伝えている。


 記事によれば、インテル戦ではガストン・ラミレスやニコラ・ムッルが出場停止とあり、負傷明けのアルビン・エクダルに加え、トンマーゾ・アウジェロやファビオ・デパオリの起用など、サンプドリアは、多くの変更が見込まれている。


 ロメル・ルカクとラウタロ・マルティネスの強力2トップを擁するインテルを相手に、批判にさらされている守備陣の立て直しに貢献すれば、吉田の株は一気に上がる。サウサンプトンで出番を失い、出場機会を求めてイタリアに渡った日本代表DFにとっては、まさに千載一遇のチャンスだ。


 もちろん、ラニエリが実際に吉田を起用するかはまだ分からないが、老将のインテル戦での采配に注目したい。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事