微笑みの国の西野監督【タイ代表監督就任後初の独占インタビュー】

微笑みの国の西野監督【タイ代表監督就任後初の独占インタビュー】

2020.2.20 ・ 日本代表

シェアする

 インタビューに指定された部屋のドアを開けると、西野朗(64歳)が「おー、久しぶり!」と、笑顔で右手を差し出し、立ち上がった。


 昨年9月、タイ代表監督として2022年カタールW杯2次予選をホームでのベトナム戦でスタートさせたときに、大冒険への情熱をたぎらせていた様子とはまた違う。まるで周囲を包み込むような力を持つ笑顔が印象的だった。「微笑みの国」タイで過ごした半年間で、自然と身に付いたのだろうか。


 監督は首を振って笑った。


「微笑みの国といっても、その微笑みにはね、13も意味があるんだそうだよ。ドライな笑みもあれば、冷たい笑みもあると教えてもらった。会長含め、スタッフ、タイの方々に本当に良くして頂いている一方、仕事となると難しい面もある。まずは彼らのやり方を受け入れる。そこから、自分の考えを表現するようにしている」


 数々の現場を共にくぐり抜け気心の知れたスタッフは同行せずに日本を経った日、「郷に入りては郷に従う」と言った。あの日から、日本でのJ1最多勝利270勝も、どん底で就任したロシアW杯での16強進出も、栄光のキャリアはどこかにしまったままだ。


 1月、森保一監督(50歳)が率いるU-23日本代表は、グループリーグを突破できずに「U-23アジア選手権2020タイ」から帰国。一方タイは、バーレーン、オーストラリア、イラクと対戦するため、不可能と予想された8強に進出した。初めての国で、初のキャリアにも関わらず半年で結果を導いた秘訣とは、マネージメントやリーダー論といったノウハウ以上に、「まずは受け入れる」そのシンプルな姿勢に集約されていたのかもしれない。


 タイでいわれる13の微笑みには入っていなかった。しかし「受け入れる」──そういう包容力を示す笑みもある。違いに驚き、戸惑うがそれも楽しみ、周囲を包み込み、どこか安心感さえ与える。タイで監督が身に付けた笑顔なのだろう。

 ─—バーレーン、オーストラリア、イラクと戦って初の8強進出、監督は可能だと思っていたのでしょうか。


西野 それは、もちろんかなり厳しいとね。ただし、チームには特徴があって、それをどううまく出せるかな、とも考えていた。タイの選手はなぜかとても仲が良いというか、よくまとまっていて、これがマイナスに出ると、仲良しこよし、で終わってしまう。でももし、プラスに変えられれば、強い団結心、結束力を生み、ホームの後押しで何かやれるんじゃないかとも思っていた。初戦のバーレーン戦の5-0から団結心がいい方に動き出し、おっ、もしかしたら自分たちにもやれるんじゃないか、そんな気持ちが生まれたように感じた。


──タイ監督になって半年、異文化、選手のタイプ、組織、言葉、色々な壁はあったと予想します。これほど早く結果が出るとは。


西野 文化というより、サッカーの現場でしょうね、大きな違いは。例えばアジア選手権の際、監督がミーティングをして、さぁピッチへ送り出すぞ、という時に会長がロッカーに激励に来る。とても有難いんだけれど、会長が選手に、みんな頑張ってくれ、きょうゴールを挙げたら……とボーナスを約束する。日本だったらどう?


──田嶋会長が試合直前に、しかもミーティングでボーナスですか……想像できない。


西野 でしょう? プライドを持つ彼らは、そういうとき、今から戦おうっていうロッカーでやめてくれよ、オレたち日本代表はそんなことのためにやっているんじゃない、と反発するに違いない。だから、スタッフに、選手が集中するロッカーでこういうのはどうだろう、やめてもらったほうがいいんじゃないかと聞いたら、いや監督、選手はこういうのを心から喜んでいます、すごく集中します、と言われ……じゃあ、まぁいいか、とね。


──まずは受け入れるわけですね。


西野 しようがないよね、喜んでいるって言われれば。でも裏を返せば、それほど協会は今大会には期待していなかったんだね、強い相手ばかりだから。そこで、こういうのはきょう1回にして下さい、とお願いして、協会も分かったと承諾してくれたはずなんだけれど、ベスト8がかかった最終戦のイラク戦前も、またもロッカーに……。


─—監督の表情が目に浮かびます。それにしても、どうやって強豪ばかりのリーグを突破し8強進出を果たしたんでしょう。


西野 今大会、選手が変わったと強い手ごたえを感じたのは、突破をかけて勝点を取りに行ったイラク戦だった。タイの選手は本当にもの静かで、監督の話を黙って聞いている。就任してから、選手とまず個人面談をするようにしていて、そこで色々な意見を聞くと、とてもよく話すし、主張もする。ところがミーティングで色々な話をして、最後に、みんなのほうから何かあるか? 戦術でもなんでも言ってくれ、と聞くと、黙ってうなずいている。これが日本代表だったら、どうなる? もう右から左から、バンバン質問やら意見が飛んでくる。


—─あの選手とか、あの選手とか……。


西野 そう。大勢の前で、個人を名指しで叱ったり、注意してはいけない、といった文化も大事にしなくてはならないけれど、タイでの半年間で手をあげて質問をしたのはただ1人、ティーラトンだけだった。横浜マリノスではこういう風に言われていますが……と。日本代表ほどじゃなくてもいいから、自分が考えるサッカーをもっと、もっと強く出して欲しいと言い続けてきました。


─—それがイラク戦では変わった?


西野 先制して(1-0)戻ってきたハーフタイムのロッカー、選手同士が大きな声で鼓舞し合っていたり、議論したり、このまま勝とう、行けるぞ、といった強い空気を自分たちで作り出していて、これは一歩進んだかな、と思えましたね。普段のロッカーの雰囲気も本当に日本とは正反対。監督が何か言葉を発するまで、レガースも外さず、スパイクの紐だって解かず、汗びしょびしょのユニホームのままじっと座っているんだから。まったく、ヤット(G大阪・遠藤保仁)に、その様子、見習わせたいんだけれどね。


─—ハハハ、懐かしそうですね。ハーフタイムにシャワー浴びるなんて。でも、監督はそういう選手も認めていた。


西野 選手はこんなに違うと改めて認識させられた。でもあのイラク戦で、たとえ自分たちよりも実力が上であっても、結束して、球際で粘って、最後まで諦めずに戦い抜こう、そういうチーム力というものをそれぞれが実感できたのは大きかった。VARでPKだから悔しい引き分けだけれど。


──ファンからはニシノコールが湧きましたし、ホームで大変な盛り上がりでしたね。


西野 オレの写真入りだったり、タイ語で何か書いてある、見たこともないようなTシャッスを着ているファンやジャーナリストに盛んにサインを求められて、ところでこれって、どこで売っているの? とね。ホームの声援をむしろプレッシャーに感じてしまうかもしれない、と心配するほどおとなしい選手たちが、自分たちで力を発揮したのは本当に大きな一歩。声援には感謝しているけれど、まだ始まったばかりだから。

  選手の大きな進歩を実感して臨んだ決勝トーナメントを前に、いつものように練習場に行くと、ずっと設置していたはずの非公開用のシートが撤去されていたという。決勝トーナメント進出を予想していなかった協会には、先の先、を準備しておく余力がなかったからだ。環境はなるべく変えないほうが選手にも負担は少ない。しかし同じホテルの空き部屋では個室や2人部屋を確保するのは難しいと説明され頭を抱えていると、「監督、タイの選手はむしろ4人部屋のほうがワイワイできるので大歓迎なんです」と言われ、「エッそうなの?」と驚く。


 G大阪で、あるいは日本代表で、監督が、選手が何人部屋かを心配する必要がないし、日本代表ならW杯でも決勝進出まで想定し、移動、ホテル、練習場、スケジュール、すべてチームスタッフの完璧なオーガナイズで動いている。


 昨秋、東南アジア最大のスポーツの祭典とされる「SEAゲームス」が行なわれ、西野は自分で開催地、フィリピンの環境をチェック。スタジアムへの移動のほか、食事の手配など難しい面があると想定してタイ料理のケータリングを準備するようスタッフに伝えていた。


 フィリピンに出発する際、空港で大勢の記者に囲まれ、抱負を聞かれた。優勝か、メダルか。しかし「大切な選手を、まずはクラブに無事にお返しすることだ」とだけ答えていた。試合以前に厳しいアウェーになると分かっていたからだ。


 日本サッカーがメキシコ大会以来28年ぶりとなる五輪復帰も、ましてW杯出場も叶えていなかった1990年代、代表に大型スポンサーなど付かずに苦労した時代がある。


 アトランタ五輪を目指す代表を率いた西野は、条件の厳しいアジア、中東での試合ではアウェーに到着するなり、選手のミネラルウォーターを確保するためスタッフと町中を走り良質な水をかき集めた。指導者としての「原点」とも、初心ともいえるそんな経験もタイで活きた。仕事は増えるが不満はない。64歳のチャレンジャーは「タイでの仕事にやりがいを感じている」と言い切った。

 ──選手との関係を築く大前提として、通訳を挟んでのコミュニケーションは如何ですか?


西野 それはもう思った以上に難しくて、言葉の壁は厚い。通訳は日本企業で働いた経験がとても長く、サッカーもよく知っていて本当に優秀です。日本代表では2人の通訳が付いて、ハリル(ホジッチ監督)をサポートしていました。ハリル監督の意図を深いところまで伝える意味もあって、通訳がともに互いのチェック機能をも発揮してくれるような形を取ったんですが、タイにはそんな余裕はないので、とにかくお前の通訳を信じているからと言っている。ピッチで、今ここで伝えたいと思う瞬間、通訳は違う場所にいたり、今はひとりで考えたいと思うと、ものすごく近くに立っていたり、距離感がなかなかうまく取れないのは、まぁお互い様ですが。


──9月のベトナム戦で会見に出ましたが、大変だと思いました。何か工夫をされていますか。


西野 W杯の歴代優勝国はすべて、自国の監督だったという事実はとても重いし意味があるんだろうね。勝負の分かれ目ともいえる厳しい瞬間、1対1で、ミーティングで、自分たちのDNAをぐっと掴むような言葉がかけられるかどうか。それが問われる。彼とはミーティング前にミーティングをして、きょう自分が伝えたいと思っている内容をあらかじめ伝えておいて、こういう単語、こんな表現、サッカーのこの用語はタイ語にできるか? と確認はしている。ピッチで試合中ダイレクトにかける言葉はまだまだ難しいけれど、できるだけシンプルなワードを選ぶよう心掛けている。


──たとえ試合中でも、プロでも、人前で批判をしてはいけない、そういう慣習だそうですね。


西野 そうなると、途端にやる気をなくしてしまうらしい。人前で恥ずかしい思いをさせられた、そういう感覚になるそうだ。だから細かい点は、個人面談、1対1の状況で説明するようにし、伝え方も細かく考える。君には技術はある。だからこの選択よりも、こちらの選択のほうが、その技術をより効果的に発揮できると思う、そんなふうに。


──伝えた、ではなく、伝わったかどうか、これを外国語で丁寧に詰めていくのは大変ですね。日本語だって難しい。


西野 オレはオレのスタイルでタイのサッカーを動かせる、そういう簡単なものではない。選手との関係だけではなく、タイサッカー全体の環境整備も自分の仕事。優秀な人材は多いので、彼らを連携させて組織も強くしないといけない。代表のテクニカルダイレクターは誰になるのか? それからチームドクターも、タイでは医者が公務員のために日本のような形での帯同は難しいようだが、勝利のためにもそこをきちんと考えないと選手のサポート体制が整わない。


──分析スタッフなどは?


西野 最初は不在だった。今はスタッフが分析ビデオを作ってくれるようになった。日本ならば、個人用にチーム用、長所強調ビデオとミスを強調するものと、色々なパターンがすぐに出来上がってくる。勝つために必要な色々な役割も伝えて、彼らの目標でもある東南アジアのリーダーとして、2026年W杯への初出場への足掛かりを作れたらと願っている。そのためのサッカーナショナルトレーニングセンターの建築など、様々なプロジェクトを立ち上げている。ライバルのベトナムも育成部門で力を付けているし、これからを目指す勢いある国で仕事ができることには、本当に感謝しています。

  西野のバンコクでの平均的な毎日は、5時50分の起床からスタートする。ずい分早いようにも思えるが、年齢のせいではない理由がある。日本時間との時差は2時間。日本時間の7時50分までに起きて先ずコーヒーを淹れ、リビングのテレビを点ける。現地でも見られるNHK朝の連続テレビ小説「スカーレット」を8時から観るためだ。日本のサッカー最多勝利数を誇る監督の一日は、もうずいぶん前から朝の連続テレビ小説で女性主人公たちの人生に触れる時間で始まる。勝負の刹那に身を置く監督が、日本から遠く離れたバンコクで、連続ドラマで女性陶芸家の半生を追う姿はどうにもミスマッチだが、「海外だからこそ、毎日見られる日本のドラマにハマるんだよ」と笑う。


 協会でのミーティングなど仕事が入っていれば、ジムで身体を動かしてから協会へ向かう。「トムヤンクン」や辛いタイ料理は好みに合うそうで、「胃袋をがっちり掴まれた」と、タイのマーケットにもひとりで出かけて食料を買い込み自炊をする。G大阪時代にも、休日は京都や奈良の神社・仏閣巡りをしており、バンコクでも寺院巡りは続けている。


 1月、U-23アジア選手権のグループリーグで敗退した日本代表、森保監督はタイを出発する日、スタッフに帰国の準備を頼み、1人で西野監督のもとを訪ねたという。

 ─—タイで西野監督が8強に進出した一方で、日本は1勝もできずに敗退しました。兼任は無理、解任しなければ地元の五輪でメダルが取れないだろう、といった声があがっています。


西野 タイの宿舎に森保監督はリュックを背負って1人で来たんだ。挨拶に行くって連絡をくれてね。だからタイのチームみんなで出迎えて、こちらが日本代表監督でらっしゃる森保さんです、と。アイツは、やめてください、って照れていたけれど、タイのみんなからすれば、そういうあこがれの存在でしょう。スマホをテーブルに置いたんで、しばらくはいいじゃないか、と、スマホをこうやってひっくり返してね、ゆっくり話ができたのは自分にとってとてもうれしかったし、いい時間だった。


─—批判については?


西野 決勝を見ると(韓国対サウジアラビア)日本のプレーのクオリティが高いのがよく分かる。自分が代表監督になったロシアの前、覚えている?


─—西野ジャパンに期待しない、というファンの声が大多数だ、と言われていました。会見で監督はこれについて質問され、あぁそうなんですか、今初めて知りました、と答えた。


西野 そう、あれは頭に来たからわざとまったく知りません、と答えたんだ。結果だけが問われる世界で、監督がそうやって、マスコミの批判の矢面に立つのは当然、それが仕事だから。森保はそんな話、百も承知。


─—色々な話をされたと思いますが、監督は何とアドバイスを?


西野 森保にアドバイスなんてあるわけがない。ひと言、ブレるな、とだけ。彼が広島で監督をし、自分は神戸の監督で結果が出なくて苦しんでいた頃、練習試合をお願いできますか? と、連絡があって、広島からバスで選手を連れてひょっこりやって来て試合をしてくれた。彼のチームへの考え方やアプローチ、強い性格どれを取っても、自分も教えられた。だからただひとつ、ブレないようにと。


─—西野さんよりメンタルが強いと?


西野 ずっと腹が座っている。


─—監督の条件でしょうか。特に代表監督では。


西野 タイでも言葉だけではなく文化や習慣、色々な違いはあるし、戸惑いもある。でも自分は我慢とか耐えたりせずに……先天的にほら、そういう感覚を持っているから。


─—鈍感力?


西野 エッ、そう思ってたの? そう、気にしないというか、目標を定めて全力でそこに向かう。そもそも監督がブレたら選手はどうする?


─—W杯2次予選が再開します(日本はF組4戦全勝で勝点12の首位、タイはG組勝点8で3位)。


西野 自分が就任してから3回ベトナムと対戦して3回とも引き分け。パク(・ハンソ/韓国国籍)監督は、下からの強化を含めて本当に素晴らしいチームを作っていて、なかなか勝てない。でも今回、五輪には出場できなかったけれど、8強進出がタイ代表にとって、とても大きな自信となり、財産になったと思っています。最終予選に進むチャンスは十分にある。狙っていきますよ。(取材・文:増島みどり/スポーツライター)


<プロフィール>

西野 朗(にしの・あきら)

1955年4月7日生まれ、埼玉県出身。現役時代はMFとしてプレーし、早稲田大在学中に日本代表に選ばれた。90年に現役引退後、指導者に転身。94年にU-23日本代表監督に就任してアトランタ五輪出場に導くと、本大会のブラジル戦での勝利(マイアミの奇跡)で一躍脚光を浴びる。98年に監督主任した柏では、99年にリーグカップ優勝。2000年にはタイルこそ獲得できなかったが、チームの躍進に尽力してJリーグ最優秀監督に選ばれた。02年よりG大阪を率いて、退任する11年シーズンまで数々のタイトル(J1リーグ、リーグカップ、ACL、ゼロックススーパーカップを各1回、天皇杯を2回)を獲得した。その後、神戸、名古屋の監督も歴任(J1リーグの監督としての通算勝利数270は歴代1位)。16年3月に日本サッカー協会の理事となり、技術委員長を経て、18年4月9日、解任されたヴァイッド・ハリルホジッチ氏の後任として日本代表監督に。そこから短い準備期間ながらも、ロシア・ワールドカップではベスト16という結果を残した。19年7月1日からタイのA代表とU-23代表の監督を兼任し、20年1月には同職の2年間の契約延長が決まった。


<タイ代表での戦績>

A代表

カタール・ワールドカップ・アジア2次予選

グループG 3位(2勝2分1敗)

19年9月5日 対ベトナム(H) △0-0

19年9月10日 対インドネシア(A) 〇3-0

19年10月15日 対UAE(H) 〇2-1

19年11月14日 対マレーシア(A) ●1-2

19年11月19日 対ベトナム(A) △0-0


U‐23代表

アジアU-23選手権 ベスト8敗退

グループリーグ

20年1月8日 対バーレーン 〇5-0

20年1月11日 対オーストラリア ●1-2

20年1月14日 対イラク △1-1

決勝トーナメント

20年1月18日 対サウジアラビア ●0-1

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事