【連載・東京2020】西川潤/中編「憧れの選手権で1勝もできず、本当に悔しかった」

【連載・東京2020】西川潤/中編「憧れの選手権で1勝もできず、本当に悔しかった」

2020.3.30 ・ 日本代表

シェアする

 新型コロナウイルスの影響で1年程度の延期が決定した東京五輪。本連載では、本大会での活躍が期待される注目株のこれまでキャリアや間近に迫った夢舞台への想いに迫る。


 9回目に登場するのは、スピードに乗ったドルブルと卓越したシュートセンスで違いを作る、セレッソ大阪のルーキー西川潤だ。

 

 中学2年で全国制覇を成し遂げ、桐光学園高でも3年次にインターハイ優勝を経験。世代別代表でも活躍し、同世代のトップランナーのひとりとして走り続けてきたレフティは、これまでどんなサッカー人生を歩んできたのか。

 

 中編では、前年のリベンジを果たした高校3年次のインターハイや日本代表として臨んだ2つの世界大会について、振り返ってもらった。


前編はこちら



───◆───◆───

 ――飛び級で参加したU-20ワールドカップを振り返ると?


「肉離れで大会直前まで練習ができなくて、ぶっつけ本番のような形でした。なかなか自分の良さを出せずに終わってしまった大会でした。もっと結果を残したかったんですが」


――敗れた決勝トーナメント1回戦の韓国戦は先発出場でした。


「日韓戦ということで会場を盛り上がっていましたし、相手が捨て身でくるなかで勝てなかったのは悔しかったですね」


――代表の活動も忙しいなかで、高3のインターハイでは日本一を達成しました。


「前年の悔しさがあったので、キャプテンとしてチームにその経験を伝え、チャンスで決め切る意識を持って臨んだ大会でした。優勝できて本当に良かったと思います」


――注目されて、マークも相当きつかったのでは?


「試合中に“煽られる”場面が多くなってきた時期でしたね。外からじゃ聞こえないと思いますが、ピッチの中では結構言われてるんです(笑)。それでも日本一になれたのは嬉しかったですね」


――高校時代、勝つためにとくに努力していたことは?


「自分だけでなく、周りも動かせるようになりたいと思っていました。なので、自分が代表で得た経験をチームメイトに伝えるように意識していました。この時間帯はこのサイドをケアしたほうがいいとか、戦術的にこうボールが入ったら、連動してどう動くべきかとか。チームにプラスになっていたと思います」

 ――高3の秋には、ブラジルでのU-17ワールドカップに出場し、2ゴール・2アシストでベスト16進出の原動力となりました。


「U-20のワールドカップが(ノーゴールで)悔しい結果に終わったので、見返してやろうと思っていました」


――初戦のオランダ戦では、若月大和選手に2アシストをした後、PKを決めました。若月選手がPKを決めればハットトリックのチャンスでしたが。


「それはやめてもらいたかったんで(笑)。あいつも蹴りたいと言ってきたけど、ここは自分が行くと言って蹴りました」


――知り合いのブラジル記者は、ブラジルのファンが西川選手の虜になっていると言っていました。


「そうだったんですか? それは分からなかったですね(笑)。ただ、ブラジルの人が日本を応援してくれて、アットホームな雰囲気でした」


――しかし、ラウンド16でメキシコに敗戦。どこに差が?


「守備がとても強固で、なかなか崩せませんでした。粘り強いし、決めるところで決めるというところでも大きな差がありました。背は高くないんですけど、がっちりしていて、ゴリゴリとボールを奪ってくるし、ここぞというところでは連動して一気に攻撃を仕掛けてくるいいチームでした」

 ――U-17ワールドカップが終わった直後に、最後の選手権予選がありました。敗れた決勝の日大藤沢戦は疲れもあったのでは?


「ブラジルから帰ってきてすぐでした。疲れはそんなになかったと思いますし、言い訳にもしたくなかった。自分が不甲斐なかったですし、高校最後の大会で憧れの選手権に出られず、本当に悔しかったですね」


――選手権では3年間、1勝も挙げられませんでした。


「そうですね。2年の時しか出られなくて、しかも0-5の大敗。勝ち抜く難しさを改めて感じました」


――それでも高校時代、自分は“ここが違う”と誇れる長所はあったのでは?


「ドリブルで突破できるところですね。あとはフォワードに入れば、落ちてきてボールも受けることも、背後に抜け出すことも両方できるところです」

 ――桐光学園は自主練に力を入れているとか。


「全体練習は2時間ぐらいで、そのあとは照明が消えるまでフリーという感じでした。個人で練習をする時もありましたし、コーチが付いてくれる時もありました」


――高校時代の恩師・鈴木勝大監督はどんな指導者だった?


「一言でいえば、熱い監督でした。一見感情任せに見えますけど、周りに気を配ってくれていて、要点を個々の選手に伝えて、チームをいい方向に導いてくれる方でした」


――高校生の頃は、どのような生徒だった?


「本当にどこにでもいる普通の高校生でした」


――女子から人気があったのでは?


「いやいや。うちの高校は男子棟と女子棟が別だったんで、男子校みたいなものでしたから」

 ――高校時代の経験で、今に繋がっていると感じられることは?


「プレーというよりは、メンタル面ですね。1年から10番を付けさせたもらって、注目を浴びるなかでプレーしたことで、精神的に相当成長できました」


――これまでのサッカー人生の中で、心に残っている言葉は?


「……。ずばっと言われて記憶に残っている一言というのはとくにないですね。それよりも小学生の時から継続的に教えられてきたこと、挨拶だったり、荷物を運ぶことだったり、先を読んで行動することだったり。そういう私生活で受けた指導のほうが今に活きていると思います」


───◆───◆───


 4月6日にお届けする予定の「後編」では、セレッソ入団を選んだ理由や強化指定選手としてプレーした昨シーズンの戦い、そして今後のビジョンについて話を訊いた。


PROFILE

西川潤/にしかわ・じゅん/2002年2月21日生まれ、神奈川県出身。180センチ・70キロ。青葉FC―横浜Jrユース―桐光学園高-C大阪。キレのあるドリブルと巧みなフィニッシュワークが魅力で、高卒ナンバーワンアタッカーとの呼び声が高いルーキー。桐光学園高では1年次から10番を背負い、3年次にはインターハイで全国制覇を果たす。昨年は特別指定ながらJデビューを飾り、またU- 20ワールドカップとU-17ワールドカップに出場して世代別代表でも活躍。冬にはスペインの名門バルセロナからの関心が報道された。


取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事