“元祖ヤングなでしこ”INAC仲田歩夢が語る、過去の葛藤と今の充実感「今は昔に比べて本当に…」

“元祖ヤングなでしこ”INAC仲田歩夢が語る、過去の葛藤と今の充実感「今は昔に比べて本当に…」

2020.7.10 ・ なでしこ

シェアする

 7月18日になでしこリーグがついに開幕する。今季注目したい選手のひとりが仲田歩夢だ。


 INAC神戸に加入して今年で9年目。かつて「ヤングなでしこ」と命名された世代別代表の一員で、3位に輝いた12年のU-20ワールドカップにも出場した。しかしINAC入団当初は満足できるほどクラブでは出番を得られず、慣れない戦術に困惑した。


 それでも今、様々な葛藤を乗り越え精神的にもタフになり、プレーの幅を広げている。


「今はサッカーが楽しい」

 笑顔で充実感を語る26歳のアタッカーに今季求められる役割とは――。


――◆――◆――

 ――開幕日(7月18日)が決まり、6月からチーム活動が再開しました。


「本当に長かったです……。2か月間もサッカーをしないなんて今までありませんでした。自粛期間は自分と向き合って、いろんなことを考える良い時間にはなりましたけど、早くみんなとサッカーをしたいなと、そういう想いをずっと抱いていました」


――再開してチームメイトと実際にグラウンドでボールを蹴った時の心境は?


「みんなといろんな練習をできるのはやっぱり楽しいなというのが真っ先に生まれた感情です。ひとりでのトレーニングはどうしてもやれることが限られていたし、寂しさもありましたから」


――自粛期間中はどう過ごしていましたか?


「基本的には家の中でできることをやっていました。多少は家の近くにある広場でランニングとかをしていましたけど、ボールを蹴る機会は本当に少なかったです」


――新しく何か始めましたか?


「YouTubeの動画を見ながら、ストレッチとかヨガとか筋トレとかをやっていました。これまでそういうフィジカル的な自主トレは日常的には取り入れていなかったんですけど、身体が固いので、これを機に取り組んでみました」


――練習が再開して、変化は感じた?


「チームでやる筋トレの時に、以前と比べてだいぶ耐えられるようになりました。苦手意識が少しなくなった感じがします」


――開幕まで、どう過ごしていきたいですか?


「ゲーム形式とポゼッションの練習には力を入れたいです。実戦的な部分を増やして、ゲーム感覚を取り戻さないと」

 ――今年ゲルト・エンゲルス監督が新たに就任しました。どんな監督ですか?


「結構はっきりしている性格で、基本的に選手の判断に任せてくれます。指示する時には、アタッキングゾーンに入ったらドンドン自分で仕掛けていけとか明確です。あとは攻守の切り替えをすごく大事にしていて、判断に迷って時間をかけるのはあまり好きじゃない印象ですね。すごく良い監督ですよ。選手一人ひとりをよく見てくれていますし」


――攻撃の判断を委ねてくれるなら、ドリブルが得意な仲田選手からしたらやりやすいのでは? 自由にプレーできるというか。


「そうですね。自分で持ったらゴールまで運ぶプレーが好きなので、やりやすさは感じます」


――開幕してからファン・サポーターに見てほしいプレーはやはり……。


「はい、ドリブルです。突破力はやっぱり持ち味なので。ドリブルからシュートというプレーはどんどん出していきたいです。あとチームとしては力強さの部分に注目してほしいですね。今年は他チームから主力級の選手が加わって、かなりレベルアップしています。お互いに刺激し合えているのが良い方向に出るんじゃないかなって。上手いだけじゃなくて、パワフルな新しいINACを見せられたらと思います」


――強力な新戦力が加わった分、競争はかなり激しそうですね。


「でも、それはチームの底上げができているということですから。どのポジションも競争が激しくて、余裕でいられる選手はなかなかいないんじゃないかなと。あと今年は交代枠が増えるので、一人ひとりのチャンスが増えるはず。激しい競争がチームに良い影響をもたらしてくれそうです」

 ――チームでの役割を、自分ではどう感じていますか?


「気づいたら私ってチームで結構年上のほうなんですよね。そういう意味でコミュニケーションの部分で、できるだけいろんな選手と話すようにしています。プレー中でもそれ以外でも。私は誰とでもなんでも話せる性格なので(笑)。若い子たちが馴染めるように、上手くまとめていければいいなと。


 あまり上下関係はきっちりし過ぎないほうがいいと思うんですよ。普段からチームメイトでいろんな話ができてフレンドリーな雰囲気があれば、プレーでも気を遣わずに自分を出せるんじゃないかなって」


――仲田選手はいじり役? いじられ役?


「どっちも、ですね。年上にはいじられたりしますし、年下を結構いじったりもします。挟まれているので忙しいです(笑)」――戦術的な役割はどう考えていますか?


「推進力でアクセントになりたいという意識はあります。(日テレ・)ベレーザから来た田中(美南)が前線に入ることで、攻撃の厚みが増して、スピード感も強さも、すごくパワーアップしています。そこでひとつの武器になれればなと」


――ドリブルが得意なスタイルは昔から?


「そうですね。昔から変わらないです。逆に高校まではポゼッションサッカーってほとんど馴染みがなくて、INAC(神戸)に入った時にはかなり戸惑いました。ボールをすごく回す戦術で。慣れるまでは身体的にも難しかったし、頭でついていくのも大変だったのを覚えています」


――ドリブルで参考にしている選手はいますか?


「左利きなので(リオネル・)メッシのプレーは結構気にしています。まあ見て真似できるようなレベルではないので、ただただ憧れているという感じです(笑)。見ることで少しでも『こういうプレーもあるんだ』と幅が広がればいいなと」

 ――12年にINACに入団してから成長を実感しますか? 特にここ3年は出場機会を増やしています。


「入団当初は、試合の終盤にちょっと出られたらいいくらいのレベルでした。当時在籍していたメンバーを見ても澤(穂希)さんとか代表クラスばかりでしたから。この人たちには敵わないなと思って、とにかく自分のレベルを上げることに集中していました。


 ただ、ここ何年かはこれまでに学んだことがようやく実になったというか、チームのやるべきこと、監督からの要求を飲み込みながら自分の長所を出せるようになってきた。チームメイトとプレーについて話す機会も増えて、すごく考えてプレーするようになりました。多分少し余裕が出てきて、自信がついたのかなって。


 もちろん満足はしていません。昨年もシーズン途中までは先発でしたけど、足首の怪我をしてからは、途中出場が多くなってしまって悔しい想いをしました。今年は競争が激しいですけど、少しでも長い時間ピッチに立てるように、今はアピールしながら、自分のレベルをさらに上げようと練習しています」

 ――若い頃は「ヤングなでしこ」と呼ばれる世代別代表で注目されていた一方で、クラブでは出番を得られない時期が続いた。そのギャップを感じ、葛藤もあったのでは?


「難しい部分があったのは間違いありません。同世代のレベルの高い選手とプレーする機会はなかなかないので、世代別代表は私にとってとても良い場所だったし、そこで吸収できることや刺激を受けることはたくさんありました。でもINACのほうが明らかにハイレベルで要求の質も高かったので、複雑な気持ちでした。


 正直、当時は代表に行くのが楽しみかと言われたら、それは分らなかった。INACはポゼッションがメインだけど、代表はまったく違うスタイルで、それに上手く対応しなければいけない難しさもありました」


――当時世代別代表でともに戦っていた田中選手や池田咲紀子選手が、現在なでしこジャパンに入っています。そういう同世代の活躍や、下の世代で代表入りしている選手を見て、“自分も”という想いは強くなってくる?


「もちろんサッカーをやっている以上、目指すべきは、なでしこジャパンだと思っています。でも今そのレベルに達していないのも自覚しています。だから呼ばれていないわけですし。


 そこに入るには、クラブで活躍する以外にはない。実際にクラブで調子が良かった18年シーズンには、なでしこチャレンジのキャンプ(編集部・注/なでしこジャパンに挑戦する選手たちを発掘・育成・強化するプロジェクト)に招集されて、結果が代表につながると身をもって感じています。だからこそ今はまずチームで結果を残すことを考えてプレーしています」

 ――これまでのキャリアを振り返って、イメージどおりには来ている?


「んー、難しいですけど、今は昔に比べて本当にサッカーが楽しいと思える瞬間が増えたのは確かです。世代別代表に入っていた頃よりも今は引き出しが増えました。それがここ数年の結果につながっていると思うんですけど、全然満足はしていません。


 最近はリーグ優勝もほとんどできていないし、そもそもINACがリーグ優勝していた数年前は、私は試合に多く関わっていなかったので。やっぱり自分が主力として試合に出てリーグ優勝を経験したい。そういう勝利へのこだわりも以前よりも強くなっています」


――少なくとも今は充実していると。


「はい。サッカーが楽しいし、もっと上手くなりたいし、もっと勝ちたい。そう思えています」


――では最後に、今後のキャリアビジョンを訊かせてください。


「繰り返しになりますけど、まずはリーグ優勝を目指します。それが近くにある一番大きな目標です。今年は期待してくれているファン・サポーターの方も多いし、私たちもやっていて手応えをすごく感じています。なのでリーグ開幕がすごく楽しみです」


――◆――◆――


取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事