なでしこ、主導権を握りながら終了間際に痛恨のPK...オランダに敗れ16強で終戦

なでしこ、主導権を握りながら終了間際に痛恨のPK...オランダに敗れ16強で終戦

2019.6.26 ・ なでしこ

シェアする

26日、FIFA女子ワールドカップの決勝トーナメント1回戦が行われ、なでしこジャパンはオランダ女子代表と対戦。なでしこは強豪オランダ相手に再三チャンスを作ったが、コーナーキックとPKでゴールを奪われ、1対2で敗戦。なでしこの戦いはラウンド16で終わりを告げた。


負ければ終わりのノックアウトステージ。スタメンはGK山下杏也加、最終ラインは右から清水梨紗、熊谷紗希、市瀬菜々、鮫島彩。ダブルボランチに杉田妃和と三浦成美。右に中島依美、左に長谷川唯。2トップに菅澤優衣香と岩渕真奈が入る、4-4-2でスタートした。


マルテンス、ミーデマ、ファン・デ・サンデンという強力な3トップを擁するオランダ。開始からなでしこのビルドアップに対して圧力を高めると、前半17分にコーナーキックからマルテンスが右足で流しこみ、オランダが先制する。


なでしこのチャンスは前半20分。岩渕のスルーパスに菅澤が抜け出してシュートを打つが、右ポスト直撃。そして前半43分、スタメン復帰を果たした長谷川が、大仕事をやってのける。岩渕のスルーパスに抜け出すと、GKと1対1の場面で落ち着いてシュートを流し込み、なでしこが同点に追いついた。


後半に入っても、一進一退の展開が続く。なでしこは素早い帰陣で守備を固め、奪ったボールを最終ラインからビルドアップ。前線の菅澤を起点にボールを収め、岩渕、長谷川が絡んでボールを動かしていく。


後半19分には、右サイドの中島が中央へドリブルで切れ込み、ペナルティエリアの外から左足を振り抜く。GKのセーブに遭い、ゴールはならなかったが、惜しい場面だった。後半26分には岩渕のヒールパスを受けた長谷川がシュートを打つが、わずかにゴール右。


後半27分、中島に替えて、今大会初出場の籾木結花を投入。後半31分には籾木のパスに抜け出した岩渕がシュートを打つが、サイドネットを直撃する。後半34分には岩渕のスルーパスを受けた杉田が左足でシュートを打つが、クロスバーに当たってゴールならず。


後半35分には長谷川を起点にチャンスを作り、籾木が左足で狙うが、GKにストップされてしまう。後半37分には籾木が相手を引きつけて、オーバーラップした三浦がシュート打つが、ゴールの枠を捉えることができなかった。


チャンスを逃し続けたツケは大きかった。終了間際、シュートブロックに入った熊谷の手にボールが当たり、PKの判定。これをマルテンスがゴール右に落ち着いて決め、オランダが勝ち越し。直後、なでしこは岩渕に替えて宝田沙織を投入するが、オランダゴールをこじ開けることはできず。2対1で敗れ、大会から姿を消す事となった。


試合後、高倉麻子監督は「後半はチャンスを作れたが決めきれない中で、ああいった形になって非常に残念。(選手たちには)下を向くことなく、来年(の五輪)に向かって立ち上がっていこうという話をした。粘り強く試合をする中で、いい時間に点を取れて後半は行けるぞという所だったが、決めきる力がなかった。フィジカル的にウィークがある私達が世界で戦っていくためには、より一層技術的な精度、個人の状況判断の精度を高めなければいけない」と振り返った。


再三、チャンスを作った岩渕は「悔しいです。チャンスの数もあった。でも負けは負けなので、しっかり受け止めてまた頑張りたい」と涙をこらえながら語った。


この結果により、ラウンド16が終了。ベスト8には欧州勢が7カ国残り、女子サッカーの勢力図が変わることを予感させる大会となった。準々決勝は28日より行われる。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事