岩渕真奈のハットトリックで中国に完勝、なでしこ2連勝でE-1優勝に王手

岩渕真奈のハットトリックで中国に完勝、なでしこ2連勝でE-1優勝に王手

2019.12.15 ・ なでしこ

シェアする

14日、『EAFF E-1 サッカー選手権』の2戦目が韓国の釜山で行われ、なでしこジャパンが中国女子代表と対戦。日本はキャプテンマークを巻いた岩渕真奈のハットトリックで、中国に3対0と快勝。E-1選手権優勝に向けて、王手をかけた。


なでしこは初戦からスタメンを8人変更。スタメンはGK山下杏也加、最終ラインは右から清水梨紗、松原有沙、南萌華、宮川麻都。ダブルボランチに杉田妃和と三浦成美、左に池尻茉由、トップ下に長谷川唯、右に籾木結花。ワントップに岩渕真奈が入る、4-2-3-1でスタートした。


先制ゴールは前半9分。中国のゴール前でパスを繋いで相手を崩すと、岩渕が左足でシュートを流し込み、早々にリードを奪う。その後も長谷川が積極的なプレーでミドルシュートを打つなど、中国を押し込む展開が続く。


なでしこは前半途中から池尻をワントップ、岩渕をトップ下にし、長谷川を左に置くなど、フレキシブルに対応。前半終了間際には、中国に最終ラインを突破されてシュートを打たれるが、GK山下が落ち着いて対処した。


前半44分には、長谷川のスルーパスを受けた岩渕がGKの肩口を抜くシュートを流し込み、2点目を奪取すると、後半10分には、長谷川に替えて入った小林里歌子がミドルシュートを放ち、GKが弾いたボールを岩渕が詰めて3点目をマークした。


後半12分には、殊勲の岩渕に替えて田中美南を投入。田中と籾木が2トップを組み、小林が左に入った。さらに後半18分には、杉田が豪快なボレーシュートを放つなど、積極的なプレーで主導権を握っていく。


後半38分には、池尻に替えて上野真実を投入。最後まで集中を切らさず戦ったなでしこは、3対0で中国に完勝。韓国との最終戦に向けて、弾みとなる勝利を収めた。


試合後、高倉麻子監督は「相手のパワーに押される時間が長かったが、粘り強く戦えた」と語り、ハットトリックの岩渕は「チームのために3点取れて良かった。細かい崩しやスルーパスなど、色んな人の特徴が出た良いゴールだった」と振り返った。


E-1選手権、3戦目の相手は開催国の韓国。引き分け以上で優勝が決まる一戦は、17日(火)19時より、フジテレビで生中継される。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事