「こんな大会見たことない」準決勝敗退の本田圭佑がレギュレーションに苦言!「ルールを変更しないと…」

「こんな大会見たことない」準決勝敗退の本田圭佑がレギュレーションに苦言!「ルールを変更しないと…」

2020.7.6 ・ 海外サッカー

シェアする

 ボタフォゴの本田圭佑は、現地時間7月5日に開催されたカンピオナート・カリオカ(リオデジャネイロ州選手権)の準決勝、フルミネンセ戦に先発フル出場。この日も腕章を巻いてプレーしたが、チームにゴールをもたらすことはできず、試合はスコアレスドローに終わった。


 この結果、レギュレーションにより、グループリーグを1位通過していたフルミネンセが決勝に進出。2位で勝ち抜けたボタフォゴの敗退が決定した。

  試合後、本田は自身のツイッターを更新。「フルミネンセにおめでとうと言いたい。彼らは勝利に値した」と敵を称えつつ、大会方式について、こう苦言を呈した。


「言わなければならないことがあると感じている。ルールを変更する必要がある。このようなトーナメントで、延長戦やPK戦がないなんて見たことがない」


 負けて敗退が決まったわけではないだけに、大会の規則に納得がいかなかったようだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事