久保建英が今季4ゴール目奪取でお辞儀ポーズを披露!マジョルカは2試合ぶり勝利で残留に望みを繋ぐ

久保建英が今季4ゴール目奪取でお辞儀ポーズを披露!マジョルカは2試合ぶり勝利で残留に望みを繋ぐ

2020.7.10 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間7月9日に開催されたラ・リーガ第35節で、久保建英が所属する18位のマジョルカが、すでに残留を決めている12位レバンテとホームで対戦した。


 残留には勝点3が是が非でも必要なこの試合で、久保は4-4-1-1の右サイドハーフで11試合連続の先発出場を飾った。


 開始2分、久保の右サイドからのクロスにクチョがヘッドで合わせるも、枠を捉えられない。その後もマジョルカがペースを握って押し込むものの、レバンテの組織的な守備をこじ開けられない。


 30分には、久保がカットインしてエリア外から左足で強烈なシュートを放つが、これも敵GKフェルナンデスの好セーブに防がれた。


 待望の先制点が生まれたのは40分だった。右SBポソの正確なクロスにクチョが打点の高いヘッドで合わせ、ネットを揺らす。

  後半はレバンテにペースを握られる展開となるが、マジョルカは身体を張った守備で凌ぐ。


 そして1点リードで迎えた84分だった。ドリブルで持ち込んだ久保の右足のシュートはGKに防がれるも、その流れからセビージャのシュートを再びGKが弾き、そのこぼれ球を久保が左足で詰めて、貴重な追加点をゲット。お辞儀ポーズを披露した日本代表MFは、これが8試合ぶりの今シーズン4点目となった。


 直後にお役御免でベンチへ下がった久保の一撃で勝負を決めたマジョルカが、2-0で勝利。2試合ぶりの白星で残留に望み繋いだ。

 

構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事