ユベントスがサッリ監督を電撃解任! CL敗退からわずか半日で更迭を決断

ユベントスがサッリ監督を電撃解任! CL敗退からわずか半日で更迭を決断

2020.8.8 ・ 海外サッカー

シェアする

 ユベントスは8月8日、マウリツィオ・サッリ監督を解任したことを発表した。


 マッシミリアーノ・アッレーグリの後任として、今シーズンから指揮を執ったイタリア人指揮官は、国内では前人未到のセリエA9連覇を達成したが、7日に開催されたチャンピオンズ・リーグのラウンド・オブ16第2レグで、アウェーゴールの差で格下のリヨンに屈し、敗退が決定。厳しい批判に晒されていた。


 試合後、サッリは「わたしは何も予期していない。契約があり、それを遵守する。ハイレベルなディレクターたちが、1試合を基に決定するとは思わない。もっと幅広い検討すると思う」と語っていた。


 一方、アンドレア・アニェッリ会長は「国内9連覇でサッリと一緒にカルチョの歴史の素晴らしい1ページを記した」と前置きしたうえで、「チャンピオンズ・リーグは落胆だ。以前が夢だったとしたら、今は目標だ。数日かけて総合的に検討する」とコメント。続投させるかどうかが注目されていたが、わずか半日あまりで更迭を決断したようだ。


 イタリアの絶対王者が後任に誰を迎えるのか。今後の動きが注目される。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事