【現役監督のCL展望】戦力で圧倒するパリSGが抱える「不安要素」。完成度の極めて高いアタランタにも勝機はある

【現役監督のCL展望】戦力で圧倒するパリSGが抱える「不安要素」。完成度の極めて高いアタランタにも勝機はある

2020.8.12 ・ 海外サッカー

シェアする

[チャンピオンズ・リーグ準々決勝展望]

アタランタvsパリ・サンジェルマン

●日時:8月12日20時(日本時間28時)キックオフ

●会場:スポルト・リスボア・ベンフィカ

●欠場者

・出場停止:アタランタ=なし パリSG=ディ・マリア(MF)

・欠場濃厚の負傷者:アタランタ=イリチッチ(FW)、ゴッリーニ(GK) パリSG=ヴェッラッティ(MF)、クルザワ(DF)


 今シーズンのCLで最大のサプライズであるイタリアのローカルクラブが、石油国家をバックに持つ世界有数の金満クラブに挑むという、あらゆる意味で最もコントラストの強いカード。戦力的にはパリSGが圧倒的に優位だが、チームの総合的なフィジカル/メンタルのコンディション、故障者と出場停止、戦術的な相性といった様々なファクターを考慮に入れれば、アタランタにも勝機はあるだろう。


 アタランタは今回の「ファイナル8」を最も良い形で迎えるチームのひとつ。初出場でベスト8という望外の躍進がもたらすモチベーションと勢いに加え、就任4年目を迎えたガスペリーニ監督の下でチームは極めて高い完成度に達しており、パフォーマンスの高さと安定度は傑出している。


 不安要素は攻撃のキーマンであるイリチッチの状態。故障で7月中旬から戦列を離れた後、リハビリに励んでいるが、この試合には間に合いそうにない。同じくレフティーである代役のマリノフスキに期待だ。


 アタランタにとってCLベスト8という舞台は、クラブ、監督、選手の全てにとって未知の世界であり、そのプレッシャーがマイナスに働く可能性もある。しかし、完全なチャレンジャーゆえ失うものは何もないだけに、開き直って思い切り良く戦えれば、本来の力を存分に発揮する可能性もまた十分にある。この準々決勝の段階では、プレッシャーと開き直りの収支バランスはプラス、つまり開き直りの側に傾くのではないかというのが、私の予想だ。

  一方のパリSGは、複数の不安要素を抱えている。まず、リーグ・アンが再開されないまま打ち切りとなったために5か月近く公式戦から遠ざかり、7月24日と31日の国内カップ決勝を2試合こなしただけで、CLに臨むことがひとつ。フィジカル的にはフレッシュにしても、試合勘やメンタル的なインテンシティーの持続という点には小さくない不安が残る。


 戦力的にも、ネイマールと並ぶ絶対的なエースであるエムバペが足首の故障で離脱したうえ(現在は全体練習に復帰)、この準々決勝はディ・マリアも累積警告で出場停止。これらの不安要素が、戦力的な優位性を揺るがす可能性も否定できない。アタランタが付け入る隙は、ここにこそあるだろう。

  そのアタランタは、相手や状況によって戦い方を変えるタイプのチームではない。立ち上がりからアグレッシブに前に出て相手のビルドアップにプレッシャーをかけ、ボールを持ったらサイドに作り出す数的優位を活かして素早く敵陣まで前進し、そのままの勢いでゴール前に5人、6人を送り込むハイペースな展開が最大の持ち味だ。


 グループステージで対戦したマンチェスター・Cのグアルディオラ監督が「アタランタと戦うのは歯医者の椅子に座るようなものだ」と言っていた通り、相手を完全に受動的な状態に追い込み、一気に畳み掛けるスタイル。それは攻撃時のみならず、マンツーマンでのデュエルでボールにプレッシャーをかけ続ける守備時も同様だ。


 対するパリSGも、積極的にボールを支配して主導権を握ろうとするタイプ。従って、どちらかが相手にボールと主導権を委ねて受けに回るような展開ではなく、双方がボールを巡って正面からぶつかり合うオープンな展開になる可能性が高い。積極的な攻め合いから数多くの決定機/ゴールが生まれる超乱打戦になるかもしれない。

  ちなみに、アタランタは試合終盤に集中力が落ちてくると、不用意なボールロストやプレッシャーの甘さから相手の逆襲速攻を食らうケースも珍しくない。最後の30分間に「試合を眠らせ」、そのリードを守り切るしたたかさは持っていないのだ。ただ、逆に相手にリードを許して終盤を迎えても、攻勢から2、3点差をものともせずに追い付いてしまう強さもある。


 リーグ・アンでは圧倒的な戦力差を武器に早々にリードを奪い、余裕を持って勝ち切ることに慣れているパリSGが、90分間を通じてハイインテンシティーで走り切ろうとするアタランタにどう対応するか。戦術的なディテール以前にメンタル面も含めたゲームマネジメントの側面として、非常に興味深い試合になるだろう。


 総合的に見れば、勝ち上がりの確率はほぼ五分五分。個の力を考慮して、パリSGが51%、アタランタが49%としておこう。


分析●ロベルト・ロッシ

翻訳・構成●片野道郎

※『ワールドサッカーダイジェスト8月6日発売号』より転載。同号では、一発勝負の短期決戦となるチャンピオンズ・リーグを大展望している。


【分析者プロフィール】

1962年3月16日生まれのイタリア人監督。MFだった選手時代は名将サッキや元日本代表監督のザッケローニに師事し、99年に引退。01~08年はインテルなどでザッケローニのコーチ兼スカウト。その後はイタリアの下部リーグで監督を務め、19年1月からチェゼーナ女子(セリエB)を率いる。

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事