「ミナミノは恩恵を受ける」実力派FWジョッタの加入は南野拓実には好材料!? クロップ監督が考えるプランは――

「ミナミノは恩恵を受ける」実力派FWジョッタの加入は南野拓実には好材料!? クロップ監督が考えるプランは――

2020.9.21 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間9月19日、リバプールはウォルバーハンプトンからポルトガル代表FWのディオゴ・ジョッタを獲得したと発表した。


 英公共放送『BBC』などによれば、移籍金は4100万ポンド(約57億4000万円)で、400万ポンド(約5億6000万円)のボーナス付き。2025年6月30日までの5年契約を締結したという。


 前日にバイエルン・ミュンヘンのチアゴ・アルカンタラを獲得していたレッズが首尾よく手中に収めたジョッタは、現在23歳の注目株だ。


 ポルト時代に師事したヌーノ・エスピリト・サント監督の就任と同時に引き抜かれる形で17年の夏にウルブスに入団(1年目はレンタル)すると、プレミアリーグの舞台で着実にスキルアップ。昨シーズンは、公式戦48試合で16ゴール・6アシストと目に見える結果を残した。


 コロナ禍で財政状況が厳しいなか、総額4500万ポンドを叩いたことからもジョッタに対するリバプールの期待の高さが伺えるが、日本のファンにとっては南野拓実との競争も気になるところだろう。

  チームの絶対軸であるモハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネに加え、南野、ディボック・オリギ、ジェルダン・シャキリ、リアム・ブリュースターなど前線の戦力が厚みを増すなかで、「ジョッタの加入はミナミノにとって恩恵となる」と分析したのは、リバプール専門メディア『Rousing The Kop』だ。


 同メディアは、主に左ウイングを主戦場とするマルチアタッカーであるジョッタについて、「全てが理に適った存在だ。彼はクロップの下で大きな可能性を秘めている」と綴ったうえで、「ミナミノもジョッタの加入で得するはずだ」と見解を記している。


「リバプールにはマネのいる左ウイングをカバーする人材が枯渇していた。昨シーズンは主にオリギがその役割を担っていたが、彼が不調に陥っている今は、ミナミノがその責任を負わなくてはいけなくなっていた。


 ただ、ジョッタが加わったことで、ミナミノは中央での役割に集中できる。彼はもう一人のフィルミーノ、つまり『偽9番』としての役割を担う方がハマっている。もちろんジョッタが中央での仕事を任されることはあるだろうが、結局のところ、日本代表FWは、自分に最も馴染んだ場所で繁栄のチャンスを得られるようになるはずだ」 では、ジョッタ獲得を希望したという指揮官はどう考えているのか?


 ユルゲン・クロップ監督は、クラブの公式サイトで、「彼は起用法の面で、チームに多くの選択肢を与えてくれる選手だ。まだ完成されたプレーヤーではなく、多くのポテンシャルを秘めている」とポルトガル代表FWについて興奮気味に語っている。

「もっと予想外のことができるようになるし、別のシステムも本格的な選択肢にできる。4-3-3なら、彼は3トップのどこでも非常に良いプレーができるし、中盤が4枚のシステムなら両サイドを務められる。彼自身もこれがステップアップだと分かっているだろうし、我々になかったものを加えてくれる選手だから、クールな補強だよ」


 指揮官の言葉を聞くに、プレシーズンで積極的にテストした4-4-1-1(4-2-3-1)への本格的なトライもあるということか。仮にそうなれば、セカンドトップ(トップ下)で結果を残してきた南野の出場機会は増える可能性がある。


 いずれにしても、ポジション争いが激化するのは間違いない。イングランド挑戦2シーズン目を迎える南野にとって、生き残りをかけた日々が続きそうだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事