「利き足を判断すること自体が無意味」両足を完璧に使いこなす驚きのタレント【現地発】

「利き足を判断すること自体が無意味」両足を完璧に使いこなす驚きのタレント【現地発】

2020.11.27 ・ 海外サッカー

シェアする

 左右両足を完璧に使いこなす選手がいる。まるで遜色なしに、である。


 ポルト時代にバイエルン・ミュンヘンとの対戦となった1987-88シーズンのチャンピオンズ・カップ(チャンピオンズ・リーグの前身)決勝で、ヒールキックによる得点を決めたアルジェリア人FWラバー・マジェールはその代表格だろう。


 キックはもちろん、ドリブルも左右両足でボールを巧みに扱いながら行なっていた。左足を使ってほぼ必要最小限のことしかできなかったわたしのような人間からすれば、その天才的な能力は羨望の対象でしかなかった。


 アンドレアス・ブレーメは80~90年代のドイツを代表する名プレーヤーだった。ポジションは左サイドバック。だからわたしはてっきり左利きだと思っていたが、PKはなぜか右足で蹴っていた。


 アルゼンチンとの顔合わせとなった1990年のワールドカップ・イタリア大会決勝でもそうだった。0対0のスコアレスドローで迎えた85分、この極度に緊迫した場面でキッカーを務めたブレーメは禅の精神に相通じる勇敢さをもって右足で蹴り込み、均衡を破った西ドイツ代表は3度目の世界王者に輝いた。彼らは真に称賛に値する選手たちだった。


 そんな様々な選手を見てきたわたしが現役選手の中で仰天させられる若者がいる。バルセロナのウスマンヌ・デンベレだ。


 右サイドのタッチライン際を駆け上がってクロスを繰り出すプレーを繰り返し見せた試合の後は、誰もが右利きだと確信するはずだ。しかし、次の試合で中に切れ込んで強烈なシュートを放つシーンを何度も目にした後は、誰もが左利きだと信じて疑わないはずだ。


もはやデンベレの場合は、利き足を判断すること自体が無意味なのかもしれない。彼は起きた時の気分によって、右利き、あるいは左利きと自在に変えることができるに違いない。


文●ホルヘ・バルダーノ

翻訳:下村正幸


【著者プロフィール】

ホルヘ・バルダーノ/1955年10月4日、アルゼンチンのロス・パレハス生まれ。現役時代はストライカーとして活躍し、73年にニューウェルズでプロデビューを飾ると、75年にアラベスへ移籍。79~84年までプレーしたサラゴサでの活躍が認められ、84年にはレアル・マドリーへ入団。87年に現役を引退するまでプレーし、ラ・リーガ制覇とUEFAカップ優勝を2度ずつ成し遂げた。75年にデビューを飾ったアルゼンチン代表では、2度のW杯(82年と86年)に出場し、86年のメキシコ大会では優勝に貢献。現役引退後は、テネリフェ、マドリー、バレンシアの監督を歴任。その後はマドリーのSDや副会長を務めた。現在は、『エル・パイス』紙でコラムを執筆しているほか、解説者としても人気を博している。


※『サッカーダイジェストWEB』では日本独占契約に基づいて『エル・パイス』紙に掲載されたバルダーノ氏のコラムを翻訳配信しています。

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事