「何かを超越するという点で…」フランスの智将が読み解く日本人選手の“弱点”とは?【独占インタビュー/後編】

「何かを超越するという点で…」フランスの智将が読み解く日本人選手の“弱点”とは?【独占インタビュー/後編】

2021.3.2 ・ 海外サッカー

シェアする

 2007-08シーズンにリヨンを率いてリーグ・アンを制し、翌シーズンには古豪サンテティエンヌの指揮官として松井大輔(現サイゴンFC)を指導するなど、日本でも馴染みのあるフランス人監督アラン・ペラン。


 フランスのテレビ『Telefoot』で解説を務めてきた百戦錬磨の智将に、様々な興味深いテーマをぶつけてみた。


 不振にあえぐ古豪マルセイユで奔走する酒井宏樹と長友佑都を分析した前編に続く今回は、ヨーロッパで活躍する日本人に対する評価と、かつての愛弟子・松井への想いを訊いた。


―――◆―――◆―――


――ところで酒井と長友以外の日本人選手は見ていますか? 川島永嗣(ストラスブール

についてはどうでしょう。


アラン・ペラン(以下、P):(大きく頷いて)彼にはけっこう驚かされたよ。そもそも日本に「偉大なGK」という点ではあまりいい評判がない。だから、ストラスブールが日本人GKと契約したというだけでも驚きだった(笑)。ところが、彼は非常に安定していて、ダイナミックで、動きが良い。テクニックも極めて高く、キャッチングや瞬間的に難しいシチュエーションの決定的セーブもいとも簡単にやってのける。私にとっては、グッドサプライズだったよ。


――あなたは過去には中国代表でも監督をしています。そういうアジアでの経験などもふまえて、“日本人全般”の、強みと弱みを分析できますか。


P:中国に比べると日本は、育成でも若手の台頭でもずっと進んでいると思う。その結果、良い選手を外国に輸出できている。代表選手のクオリティーが高いから、ドイツなどでどんどんプレーするようになっているわけだ。


 そのクオリティーについて言えば、まさに熱意やダイナミズム、爆発力を備えているし、多くの選手がスピードと良いテクニックも持っている。またチームのためにコレクティブにプレーできる点も特徴だ。だが、まさにそこが、時として彼らの弱みになっているのかもしれない。


――まさしく。私もそう感じます。


P:テクニカルなプレーで器用にこなしながら、監督の指示やチームメイトをリスペクトできることは極めて重要だ。だが、フットボールというのは、即興性、自己決断力、予想していなかったことにも即時に対応する力などが必要だ。とくに攻撃は、自分から主導権をとらねばならない。もちろん、それができている日本人もいるが、全般的にはおそらく部分が、日本人の弱みになっていると思う。個人が自分で決断する力だね。


――では、松井を指導した時はどうでしたか。


P:とてもトレーニングしやすい選手だった(笑)。私の指導によく耳を傾けて、いつもうまくプレーしようと思いながらピッチに出る選手だった。ただ、まさに“超越する”という点で困難を抱えていた。


 与えられた役割を超越して何かをやったり、思い切って自分からイニシアチブをとったりすることが、十分にできなかったんだと思う。でも本当に扱いやすい選手で、一緒にやるのが、とても楽しかった。


――あなたがサンテティエンヌの監督に就任した直後に、松井が復活を遂げた試合は、いまも鮮明に覚えています。あれからだいぶ経ちましたね。


P:ああ、懐かしいねえ(微笑みながら)。


――松井、いまもプレーしているんですよ。


P:えっ、本当!? どこで?


――ベトナムです。


P:へえ、そうか! 素晴らしいね。――監督キャリアの最も大きな思い出はなんでしょうか?


P:最大の思い出は、歴史あるクップ・ド・フランス(フランス・カップ)の優勝をもぎ取った時かな。2回制覇したのだが、とくに1回目、2007年にソショーを率いて、あのマルセイユを下しての優勝は思い出深いね。我々は優勝候補ではなかったのに栄冠を勝ち取ったんだ。簡単に勝てる状況になかったなかで、サプライズも引き起こした。あれがやはり最高の思い出だね。


――リヨンでのリーグ・アン制覇よりも?


P:リヨンは優勝して当然という面があった(笑)。当時のフランスで最高峰の美しいチームだったからね。


――確かにそうですね。ところで、いつか日本で監督をするという考えはありますか?


P:(大笑いしながら)いやいや、私は引退した身だよ。テレビには出るけど、監督キャリアは終了だ。


――では最後に、松井にメッセージを。


P:(目を細めながら)そうだね。私はとても嬉しく思うよ。だって、ベトナムでプレーし続けているということは、フットボールを本当に愛している選手だという証拠だからね。体調やお金を稼ぐためでもなく、ただひたすらにフットボールへの愛からプレーしているのだとわかる。彼がいまも現役でピッチに立っていると知って、本当に、本当に嬉しい。


インタビュアー●結城麻里

Interview by Marie YUUKI

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事