まるでキャプテン翼! ラウタロ&ペリシッチの“ツインシュート”に伊メディア驚愕!「立花兄弟のようだ」

まるでキャプテン翼! ラウタロ&ペリシッチの“ツインシュート”に伊メディア驚愕!「立花兄弟のようだ」

2021.10.21 ・ 海外サッカー

シェアする

 日本が誇る名作『キャプテン翼』は、世界のサッカーに大きな影響を及ぼしてきた。だからこそ、偶然から生まれたひとつのプレーが、作中の出来事と比較されることも少なくない。


 10月19日のチャンピオンズ・リーグ、グループステージ第3節のインテル対シェリフの一戦で、インテルのラウタロ・マルティネスとイバン・ペリシッチが同時にシュートを蹴る場面があった。


 インテルが3-1と2点をリードし、今大会初白星を確かにしようとしていた83分のことだ。ペナルティエリア付近でラウタロが放ったシュートが、相手DFにブロックされて浮き球になると、ラウタロとペリシッチが同時に反応。ボックス内でラウタロが左足、ペリシッチが右足でともにシュートした。ボールはクロスバーを直撃し、惜しくもゴールにはなっていない。


  この驚きのプレーに注目したのが、イタリア衛星放送『Sky Sport』だ。ラウタロとペリシッチのシュートが、『キャプテン翼』に出てくる立花兄弟のツインシュートに似ていると報じたのだ。


 同メディアは「どちらがよりうまく蹴ったかを決めるのは難しい。本当にインパクトが同時だったように見える」と報道。イタリアでは「双子のデリック」と呼ばれる立花兄弟のシュートのようだと伝えた。


 さらに、Sky Sportは、かつて練習中にニコロ・バレッラがラウタロに乗っかった場面の画像を、クラブ公式ツイッターのスペイン語版が、イタリア語で「地獄のキャタピラー」と呼ばれる「スカイラブハリケーン」と比較していたことを指摘。ラウタロと立花兄弟の不思議な縁を紹介している。


なお、同メディアは、1991年4月のUEFAカップ準決勝第2レグ、ローマ対ブロンビーの一戦でも、ローマのルッジェーロ・リッツィテッリとルディ・フェラーがツインシュートを見せてゴールを決め、フェラーの得点になったとも報じた。


構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部



記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事