元ブラジル代表のレジェンド・タファレルがリヴァプールのGKコーチに就任

元ブラジル代表のレジェンド・タファレルがリヴァプールのGKコーチに就任

2021.12.1 ・ 海外サッカー

シェアする

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、元ブラジル代表のレジェンドであるクラウディオ・タファレル氏のGKコーチ入閣に喜びを示している。


ブラジル代表として101キャップを刻んだラファレル氏は、1994年のアメリカ・ワールドカップに出場し、同国代表の4回目となる世界制覇に貢献した。クラブチームではパルマやガラタサライでプレーし、UEFAカップなど数々のタイトルを獲得している。


クロップ監督は『スカイ・スポーツ』で、タファレル氏招へいの理由を説明している。


「GKに関していえば、世界最高の選手であるアリソン・ベッカーがいる。そのほかにもクウィービーン・ケレハー、アドリアンがいる。マルセロ・ピタルガ、ハーベイ・デイビスなど、異なる年齢層の5人のGKがいる。素晴らしいことではあるが、われわれはもっとGKを欲している」


「GKについては独自の哲学を構築したい。全く異なる別の見方をしたいと思っている」


「アリソンと話をして、ラファレル氏にスタッフとして入ってもらうことにした。様々なことを見て、全く別の見方をわれわれに与えてくれると思っている。世界でも最高なGKスクールになりたいと思っているんだ。だからこそ、経験豊富な3人目のGKコーチを迎えた」



記事提供:Goal

シェアする

最新記事