パレスのヴィエラ監督、なだれ込んだ敵ファンの挑発にブチギレ→蹴り飛ばす蛮行か。衝撃映像に英国騒然!本人は「何も言うことはない」

パレスのヴィエラ監督、なだれ込んだ敵ファンの挑発にブチギレ→蹴り飛ばす蛮行か。衝撃映像に英国騒然!本人は「何も言うことはない」

2022.5.20 ・ 海外サッカー

シェアする

 現地時間5月19日に開催されたプレミアリーグ第37節で、エバートンがクリスタル・パレスとホームで対戦。前半に2点のリードを奪われる苦しい展開となるも、後半に3ゴールを挙げて逆転勝ちを収め、劇的に残留を決めた。


 名門クラブがまさかの降格危機に瀕していただけに、ホームのサポーターは狂喜乱舞。試合終了のホイッスルが鳴ると、ピッチになだれ込んで大混乱となった。


 その中でまさかの事態が起きていたようだ。英公共放送『BBC』など英国メディアが一斉に伝えたところによれば、クリスタル・パレスのパトリック・ヴィエラ監督がエバートンのファンに挑発され、なんと蹴り飛ばしたという。



  記事は「テレビの映像は、ファンが試合終了とともにピッチに入って来たとき、ヴィエラがエバートンのサポーターによって罵倒されているのを捉えている。フランス人指揮官は、ファンを蹴り飛ばしたように見えた」と伝えている。


 その後のインタビューで、ヴィエラ監督は「それについては何も言うことはない」とコメント。だが、若い男性とみられるファンから、至近距離でスマフォを向けられた指揮官が突然激昂してキックを入れ、他のファンと揉み合いにある映像が残されており、弁解の余地はなさそうだ。


 そもそもはピッチになだれ込み、しかも何かしらの挑発をしたファンの振る舞いに問題があるとはいえ、暴力行為が認められれば、厳しい処分が下されることになりそうだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部



 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事