後半戦失速も堂々たる出来だった堂安律を高評! 逆境を乗り越えた小林祐希への評価は!?【エールディビジ日本人通信簿】

後半戦失速も堂々たる出来だった堂安律を高評! 逆境を乗り越えた小林祐希への評価は!?【エールディビジ日本人通信簿】

2019.5.23 ・ 海外サッカー

シェアする

 チャンピオンズ・リーグでベスト4まで勝ち進んだアヤックスの優勝で幕を閉じた、今シーズンのエールディビジ。堂安律と小林祐希に加え、板倉滉と中山雄太が新たに参戦し、4人の日本人選手が、オランダの地で戦いに挑んだ。


 そんなサムライたちの今シーズンのパフォーマンスを、100点満点でチェック。それぞれのパフォーマンスを振り返ってみた。


―――◆―――◆―――


堂安律(フローニンヘン)…70点(よくやった)

【2018-19シーズン成績】

エールディビジ=30試合・5得点・3アシスト

ヨーロッパリーグ・プレーオフ=2試合・0得点・0アシスト

オランダカップ=1試合・0得点・0アシスト


 昨年9月にA代表デビューも果たし、日の丸を背負った自信をフローニンヘンに持ち帰って活躍する好循環もあって、前半戦は17節終了時点で15位と低迷したチームで孤軍奮闘した。


 しかし、後半戦に入るとチームが右肩上がりに調子を上げていった一方、堂安のパフォーマンスは下降。1月にアジアカップに参加したため、ウインターブレイクが取れなかったことで、疲労が蓄積した影響があったのかもしれない。前半戦の4ゴールから、後半戦は1ゴールと明らかに失速した。


 それでも、ダニー・バイス監督の信頼は厚く、アジアカップ出場時と出場停止を除いて、全試合にフル出場を果たした。堂安自身も、「20歳で、これだけ試合に使ってもらえる環境はそんなに多くあるとは思えない。9月には初めて代表にも入りましたし、僕にとって大きなポイントになる1年だったと思います」と今シーズンをポジティブに振り返っていた。

 小林祐希(ヘーレンフェーン)…70点(よくやった)

【2018-19シーズン成績】

エールディビジ=29試合・0得点・8アシスト

オランダカップ=3試合・0得点・0アシスト


 エールディビジで29試合に出場(うち26試合が先発)し、8アシストと上々の結果を残したが、1年で2度もレギュラーを剥奪されるなど、山あり谷ありのシーズンだった。この逆境を乗り越え、再びポジションを奪い返して、最後の5試合をレギュラーとしてプレーして、シーズンを終えたことに価値がある。


 今シーズン、ヘーレンフェーンでは、サム・ランメルス(FW)とミヘル・フラプ(MF)がブレイクしたが、その裏にはボランチを務めた小林の手綱さばきがあったことも忘れてはならない。板倉滉(フローニンヘン)…採点なし

【2018-19シーズン成績】

エールディビジ=0試合・0得点・0アシスト

ヨーロッパリーグプレーオフ=0試合・0得点・0アシスト

オランダ4部=2試合・0得点・0アシスト


 1月半ばにマンチェスター・シティと契約すると同時に、フローニンヘンに1年半の期限付き移籍。エールディビジでは13試合にベンチ入りしたものの、出場機会はなし。オランダ4部リーグを戦うリザーブチーム、“ヨング・フローニンヘン”で3試合フル出場をするに留まった。22歳と伸び盛りだけに、実戦経験を増やしたいところだったが……。


 シーズン途中の加入で、即戦力として期待されていたわけではないため、採点は「なし」とした。

 中山雄太(ズウォーレ)…採点なし

【2018-19シーズン成績】

エールディビジ=4試合・0得点・0アシスト

リザーブリーグ=4試合・0得点・0アシスト


 今年1月の入団会見でテクニカルディレクターを務めるヘラルト・ナイカンプが、「ユウタとの契約は3年半。その中にエールディビジや生活に慣れる時期も含まれる」と明かしたように、この半年はズウォーレへの順応に費やした。


 起用法からも、中山に対してクラブが中期的な目で見ていることが窺えた。リザーブリーグで4試合起用して試合勘を取り戻させつつ、エールディビジでは、第27節のエメン戦で8分、29節のフォルトゥナ戦で22分、33節NAC戦と34節VVVは、フル出場と徐々にプレー時間を増やしていった。


 クラブ史上初の日本人選手にサポーターたちの関心度も高く、中山がボールを持つと大歓声が湧くなど、早くも人気者になっている。来シーズン以降の飛躍のために、準備に励んだオランダ1年目だったと言える。まだ加入半年で、順応期間だったことも考慮して、採点は「なし」とした。


文●中田徹、サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事

おすすめ動画