女子W杯:開催国フランス敗れる!王者アメリカが巧みな試合運びで『事実上の決勝』を制す

女子W杯:開催国フランス敗れる!王者アメリカが巧みな試合運びで『事実上の決勝』を制す

2019.6.29 ・ 海外サッカー

シェアする

29日、FIFA女子ワールドカップの準々決勝が行われ、開催国フランスがアメリカと対戦。前回優勝のアメリカがラピノの2ゴールでフランスを下し、準決勝進出を決めた。


強豪同士の一戦は、いきなり試合が動く。前半5分、左サイドで得たフリーキックを今大会絶好調のラピノが蹴ると、ゴール前の混戦の中、選手間を縫うように飛んだボールが直接ゴールに入り、アメリカが先制する。


その後、1点を追いかけるフランスが、サポーターの声援を受けて攻め立てるが、今大会4試合失点1の守備力を誇るアメリカはブロックを作って迎撃。奪ったボールを前線のモーガン、左サイドのラピノというワールドクラスに渡し、スピードあふれる攻撃でフランスゴールに迫る。


後半開始直後、アメリカが猛攻を仕掛ける。ペナルティエリアの外からメウィスが強烈なシュートを打つと、GKブアディが素早い反応で弾き出す。こぼれ球をヒースが右足で押し込むが、これもGKがブロックした。


後半13分、フランスが決定機を迎える。スピード溢れるディアニが右サイドを突破し、ファーサイドへ展開する。待ち構えていたルソメがシュートを打つが、サイドネットを直撃。同点ゴールはならなかった。


何度かアメリカゴールに迫り、リズムを作りつつあるフランスだったが、チャンスを逃したツケは大きかった。後半20分、アメリカが得意のカウンターで2点目をあげる。モーガン、ヒースのコンビで右サイドを突破すると、ゴール前へ入れたボールをファーサイドで待っていたラピノがダイレクトで蹴り込み2点目。フランスを突き放す。


後半30分、5バックで守備を固めるアメリカがカウンターアタックを繰り出し、ヒースがゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定でゴールならず。


すると後半36分、フランスはセットプレーから187cmのルナールが頭で合わせ、ついにアメリカゴールをこじ開ける。1点差に詰め寄ったフランスだったが、5バックでゴール前を固めるアメリカの牙城を崩すことはできず。結局、2対1でアメリカが勝利した。


開催国を破り、ベスト4に進出したアメリカは、3日に行われる準決勝でイングランドと対戦する。


写真提供:getty images

シェアする

最新記事