「日本人が教えたら絶対に強くなる!」西野朗タイ代表監督誕生のキーマンに訊いた邦人指揮官招聘への熱き想い

「日本人が教えたら絶対に強くなる!」西野朗タイ代表監督誕生のキーマンに訊いた邦人指揮官招聘への熱き想い

2019.7.17 ・ 海外サッカー

シェアする

 7月1日、タイサッカー協会(以下、FAT)は西野朗氏が代表監督へ就任することを公式ページで発表、ソムヨットFAT会長との笑みを浮かべながらの握手写真を添えたニュースは日本でも駆け巡った。しかし翌日、帰国した西野氏本人から契約をしていない事実を“暴露”され、日泰メディアが騒ぎ立てた。

 

 FATが以前から日本人監督招聘へ向けて水面下で動いていたことは、周知の事実だろう。そのプロジェクトの中心的人物が、松下電器でプレーし、ガンバ大阪のヘッドコーチも務めた経験のあるヴィタヤ・ラオハクル氏に他ならない。

 

 現役時代にも指導者としても、日本を身近に感じてきた彼が、タイサッカーへ日式蹴球思想を取り入れることを良しとする想いには、なんら不思議はない。しかしあの“フライング報道”はどんな経緯があったのか。日本文化を知る彼が居るにもかかわらずだ。

 

 ならば直接ヴィタヤ氏本人から話を聞こうと、タイ国内リーグ戦(ポートFC対チョンブリFC)の試合会場でハーフタイムに待ち伏せた。計画は成功、突撃取材にビックリした表情を見せながらも、流暢な日本語で想いを聞かせてくれた。

 

――ヴィタヤさん、こんにちは。日本のジャーナリストです。

「知ってるよ。顔を憶えているから」

 

――日泰のサッカー市場を騒がせている件について、お話しを聞かせて欲しいのですが。試合終了後の方が良いですかね?

「終わったら直ぐに帰っちゃうから。いまで良いですよ」

 

――助かります。実はいま日本でヴィタヤさんが注目されているんです。

「そうですか……。私も日本のやり方はすごく分かるんです。契約を交わすまで言ってはいけないというね。ただ……(大きな間合いの後に困惑した表情で)難しいね」

 

――ヴィタヤさんがそんなにも日本人指導者へこだわる理由は何なのでしょうか?

「あのね、あのね(間合いがあって)私、今までに何人もの日本人へ声掛けてきたんです。ブラジルやヨーロッパの監督からの売り込みを断ってね。私、日本のサッカーモデルやアプローチの仕方をはっきりと分かっています。タイのサッカーに合うんです。」――タイのサッカーに合うという部分をもう少し詳しく聞かせてください。

「(スマートフォンを取り出し、試合中のチョンブリFC内部分析データを見せながら)これ見て。最近チョンブリが勝てない理由が分かるから。日本のサッカーは落ち着いてビルドアップ出来て、パッと機転を利かせたチェンジからリズムを作れる。チョンブリにはそれがないんです。それはタイ代表でも一緒。だからそれを教えられる日本人監督が欲しい。でもお金(サラリー)が滅茶苦茶高いよね」

 

――となると、タイ代表のみならず、チョンブリFCでも日本人監督を考えていると。

「(力強く即答で)考えていますよ! 外国人(前記のブラジル人や欧州人指導者を指すと思われる)は言うだけ、でも日本人は違う。彼らが教えるサッカーをやったら、絶対に強くなりますよ! サッカーは細かなところが凄く大事だから」

 

――今では日本やベルギーでプレーして経験を積むタイ人選手も増えてきましたね。

「まだまだ。サッカーは11人の中でやるもの。3人、4人では足りない」

 

――なるほど。では率直に聞きます。西野新監督就任の可能性はどんなものなのでしょうか?

「あぁ~(かなり間合いが空いた後)あのね、タイ代表はね、まだレベルが低い。もしレベルが高くて、経験がある選手が多く居るなら、代表でもパッと集まって2日間でチームが出来る。日本代表みたいに。でも今のタイはちゃうやん」

 

――分かりました。試合中にもかかわらず感謝します。

「はいはい、ありがとう、ありがとう」

 

 本丸の“西野氏監督就任の可能性”についてははぐらかされたものの、ヴィタヤ氏が願って止まない日本人監督招聘への熱き思いは強烈に感じ取ることができた。

 

 良い話が出来て、彼らが強い手応えを掴んだことは間違いないのだろう。しかしその事実が誇らしく居ても立ってもいられず、彼らはFAT公式ページで“自慢”したかったのかもしれない。大なり小なり、こういったことはタイでは日常的にあること、また日本人には理解され難いことでもあるのだが。

 

「自分が大好き、自分の功績を皆に見てほしい」。そういったタイ人気質が“悪影響”を及ぼしてしまった事例であり、決して彼らに、既成事実によって外堀から埋めていく交渉術を施すような知恵が働いたものではないと個人的には理解している。

  

 この原稿を書いていると、再びFAT公式ページに“西野朗氏がタイ代表新監督就任へ。U-23代表も掛け持ち”というニュースが発信された。

 

 西野氏が7月19日に契約書に署名すること、またそのタイミングで西野氏の会見を日本で開くことも併せて書かれている。もはや正式契約は目前に迫っている状態なのだが、彼らの落ち着きのなさを思うと、なぜだか妙に可愛く思え笑えてきた。

 

取材・文●佐々木裕介(フリーライター)

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事