「もうベイルのスペイン語を超えている!」イタリア語でユーベ入団会見を行なったラムジーに称賛の声!

「もうベイルのスペイン語を超えている!」イタリア語でユーベ入団会見を行なったラムジーに称賛の声!

2019.7.18 ・ 海外サッカー

シェアする

 契約満了でアーセナルを退団し、イタリア王者ユベントスに加わったアーロン・ラムジーは、7月15日の入団会見で称賛を浴びた。


 今冬の時点で加入が決まっていたとあり、ラムジーは新天地での挑戦に向けて準備を整えていたようだ。会見では「Buongiorno(こんにちは)」から始まるイタリア語を早くも披露している。


「今日はここに来てくれてありがとう。ユベントスに来ることができてどれほど嬉しいかを話したい。(ユーベは)世界でもっとも偉大なクラブのひとつだ。僕のイタリア語があまり上手くないのは申し訳ない。でも、いま勉強しているところだ。ありがとう」


 新たな国にやって来た選手が、その国の言葉で挨拶をするのは珍しいことではない。だが、ラムジーはそれだけに留まらなかった。その意欲に賛辞が寄せられたのだ。

  このラムジーの努力は思わぬ余波を生んだ。ウェールズ代表のチームメート、ガレス・ベイルが揶揄される事態になったのである。


 2013年からマドリーでプレーするベイルのスペイン語が、なかなか上達しないのは有名だ。加入間もないラムジーが華麗にイタリア語を操ったのに対し、6年もスペインで暮らすベイルのスペイン語は……と比較されてしまったのだ。


 ツイッター上には、こんな投稿が相次いでいる。


「ベイルはまだスペイン語できないのに!」

「もうベイルのスペイン語を超えている」

「ベイルより国外の文化に溶け込もうとしている」


 外国でプレーするうえで、語学力が武器となるのは間違いない。イギリスを飛び出したラムジーは、新天地イタリアで成功できるか――。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事