ポルト中島翔哉の背番号が「8」から「10」へ変更。突然の報に現地サポーターは悲鳴!?

ポルト中島翔哉の背番号が「8」から「10」へ変更。突然の報に現地サポーターは悲鳴!?

2019.7.19 ・ 海外サッカー

シェアする

 カタールのアル・ドゥハイルからポルトガル1部のポルトの移籍した中島翔哉。加入当初は背番号「8」と発表されていたが、「10」番を背負うことになった。


 ポルトガル紙『A BOLA』は、「10番を背負っていたオリベル・トーレスのセビージャへの移籍が決まったため、ナカジマが背負うことで決まったようだ。先日行なわれたプレミアリーグのフルアムとのテストマッチでは、すでに彼が10番をつけていた」と報じている。


 クラブの公式SNSでは「我々の新しい10番だ」と中島が紹介されており、公式サイトのプロフィールも背番号は「10」に変更されている。

 ちなみに、現地サポーターからは、この知らせに「似合ってる」「いいね」とポジティブな声が上がった一方で、悲鳴を上げているファンも少なくないようだ。


「もうナカジマの8番のユニホームを買ってしまったよ!」、「今さら変更とか言われても…」、「なんてことだ、また買わないといけないのか」といった苦情が多数寄せられているという。


 あまりに反響が大きかったためか、ポルトは購入済のユニホームを「10番」と交換に応じることを発表している。


 かつてはコロンビア代表ハメス・ロドリゲスもつけた強豪ポルトの「10」を背負うことになる中島。突然の変更が思わぬ反響を呼んだが、クラブやサポーターの期待は高まり続けているといえそうだ。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事