「1試合9点」「CLデビュー戦でハット」南野同僚の19歳FWが9戦17発の大暴れ!父はロイ・キーンの“殺人タックル事件”の被害者だった

「1試合9点」「CLデビュー戦でハット」南野同僚の19歳FWが9戦17発の大暴れ!父はロイ・キーンの“殺人タックル事件”の被害者だった

2019.9.20 ・ 海外サッカー

シェアする

 まさに飛ぶ鳥を落とす勢いでゴールを量産しているのが、レッドブル・ザルツブルクの19歳、アーリング・ハーランドだ。


 チームにとっても自身にとっても、チャンピオンズ・リーグ(CL)での“初陣”となった9月17日のヘンク戦(6-2)。まさに衝撃のCLデビューを飾るのだ。


 開始2分に、南野拓実の絶妙なスルーパスをワントラップして、右足でいきなり先制ゴールを挙げると、34分には、南野が起点となったカウンターからファン・ヒチャンのパスを受け、今度は得意の左足で正確なシュートを突き刺し、追加点。さらに、3-1で迎えた45分には、再びファン・ヒチャンの折り返しに右足で合わせて、前半だけでハットトリックを達成してみせた。


『Opta』によると、10代でのハットトリックは、2004年のウェイン・ルーニー(マンチェスター・U)以来で、かつデビュー戦となると大会史上初の快挙だった。これで、今シーズンの公式戦は9試合に出場して17ゴールの大暴れ。ハットトリックは早くも4度目だ。

  16年に母国ノルウェー2部のブリンでキャリアをスタートさせたハーランドは、17年2月に国内の強豪モルデに移籍。ここで、名ストライカーだったオレ・グンナー・スールシャール監督(現マンチェスター・U)の薫陶を受け、18年シーズンには公式戦16ゴールを記録した。


 この活躍がザルツブルクの目に留まり、19年1月にオーストリアに渡ったものの、最初のシーズンは5試合で1得点に終わった。


 転機となったのは、シーズン終了後にノルウェー代表の一員として出場したU-20ワールドカップだ。ホンジュラスとのグループステージ第3戦(12-0)で、なんとトリプル・ハットトリック(9ゴール)を叩き出したのだ。チームは決勝トーナメントに進めなかったものの、得点王に輝いたハーランドは一躍注目の的となった。


 その勢いそのままにクラブでもゴールを量産し、セビージャに引き抜かれたウナス・ダブールの穴を埋めてあまりあるパフォーマンスを披露。その活躍が認められ、今月5日に行なわれたEURO2020予選のマルタ戦で、代表デビューも飾っている。

  このデビューをもっとも喜んだのは、父のアルフ・インゲ氏かもしれない。自身も34キャップを刻んだ元ノルウェー代表の選手だったのだが、ある“事件”の被害者として知られている。そう、かの有名なロイ・キーンの「報復タックル」だ。


 事の発端は、1997年、リーズでプレーしていたアルフ・インゲ氏がキーンにタックルを見舞ったことだった。アイルランド代表MFは大怪我を負い、1年間を棒に振るはめになった。


 その4年後にその報復を受けることになる。当時、マンチェスター・シティに移籍していたハーランド父は、ユナイテッドとのダービーでキーンから“殺人的なタックル”を食らい、ピッチに倒れる。レッドカードが掲示されたのは、言うまでもない。

  物議を醸したのは、その1年後に出版された自伝で、キーンがこのファウルを「わざとやった」と明かしたことだ。結局、この意図的なファウルで負った故障も要因のひとつとなり、トップフォームを取り戻せなかった父は、2年後に31歳での引退を余儀なくされている。アーリングがまだ3歳の時の話だ。


 その父は180センチにも満たない守備的MFだったが、アーリングは194センチという恵まれた体躯を持ち、両足から繰り出す正確とシュートと得点感覚に秀でた本格派のストライカーだ。


 このティーンエージャーをビッグクラブが放っておくはずがない。ザルツブルクでプレーする時間は、そう長くはないかもしれない。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

 

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事