「素晴らしい経験だった」リバプールの南野獲得に影響をもたらしたのは“シンジ”!? クロップが語った日本人とは?

「素晴らしい経験だった」リバプールの南野獲得に影響をもたらしたのは“シンジ”!? クロップが語った日本人とは?

2019.12.14 ・ 海外サッカー

シェアする

 レッドブル・ザルツブルクに所属する日本代表FW南野拓実が、リバプールの一員となる日が刻一刻と迫っている。


 英紙『Telegraph』などの一部メディアは、違約金725万ポンド(約10億1500万円)の支払うことで、クラブ間合意を果たしており、メディカルチェックが終わり次第、正式な発表に至ると伝えている。


 この日本代表FWの移籍に関して、小さくない影響をもたらしたのが、レッズ(リバプールの愛称)を率いるユルゲン・クロップ監督だ。


『Telegraph』紙によれば、かねてから南野の動向を注視し続けてきたクロップは、今シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)グループステージでの直接対決で、そのプレーを目の当たりにし、ゴーサインを出したという。


 ドイツ人指揮官は南野に対して、どのような想いを抱いているのか? 現地時間12月13日に開かれた記者会見で、日本代表FWに対する印象を日本人記者から問われ、「なぜ君はここにいるんだい?(笑) まぁこれから何度も顔を見ることになるだろうね」と語ったうえで、次のようにコメントしている。


「そのことについて特に言うことはないよ。移籍が決定した時にだけ話すとしよう。彼はとても良い選手だけど、ザルツブルクには他にも優れた選手がたくさんいる」

 記者からの“誘い”に乗らずに明言を避けたクロップ。だが、日本人選手の印象について問われると、過去に指導した一人のサムライ戦士の名前を挙げて、こう語った。


「シンジと一緒に仕事ができたのは最高だったし、それを愛していたよ。それは私にとって素晴らしい経験だった」


 クロップの言う“シンジ”とは、現在レアル・サラゴサ(スペイン2部)に所属する香川真司のことだ。2010年夏から約2年間に渡って、二人はドルトムントで師弟関係にあった。


 香川について、クロップはさらにこう続けている。


「正直なところ、シンジと契約するまでは日本サッカーについてはよく知らなかったんだ。シンジのキャリアは今でも追っているよ」


 同じセレッソ大阪出身で、その系譜を継いでいる南野は、クロップにとって、香川のように魅力的な存在に映ったのかもしれない。


構成●サッカーダイジェストWeb編集部

記事提供:サッカーダイジェストWEB

シェアする

最新記事